12/01/2017

ETAS 韓国法人にトレーニングセンター新設

左からキム・ジンヒョン氏(ETAS韓国法人GM)、ヴォルフガンング・シーネル氏(ETASアジア・パシフィック営業統括副社長)

研修プログラムの増加に伴いETAS韓国法人の研修センターの拡大が必要になりました。そのニーズにこたえるため、10月20日に韓国・パンギョ事務所に新しく研修センターが開設されました。

合計16台のコンピュータが設置された新しい研修センターは、現在、トレーニングルームとは別に、研修員がくつろげる休憩所なども併設されています。

研修センターの開設式では、ETAS韓国法人の従業員とETASアジア・パシフィック営業統括副社長のヴォルフガング・シーネル氏は、軽食をいただくなど、共に良いひとときを過ごしました。

ETAS韓国法人の統括マネージャーのキム・ジンヒョン氏は、この様に語りました。「組み込みシステム開発に関わるわたくしどものお客様が、最高の品質かつ最高の効率を達成できるように全力でお力添えいたします。また、アップグレードされた研修センターは、お客様に対するコミットメントでもあります。わたくしどもは、お客様の組み込みソフトウェア開発能力の強化に貢献するとお約束いたします。」