01/03/2022

ETASは、ソフトウェアデファインドビークル(SDV)のフルサービスソリューションプロバイダです

エンドツーエンドのソリューションとツールエコシステムを提供

ETASは、お客様がソフトウェアライフサイクルの複雑さに対処できるようにし、完全にプログラム可能な未来の自動車の実現に貢献します。未来の自動車の実現により、ハードウェアを変更することなく、ソフトウェアによって機能を継続的に変更、更新、改善できるようになります。さらにETASは、AUTOSAR ClassicやAUTOSAR Adaptiveをはじめとした様々な標準化に向けた取り組みを支援・推進しており、Eclipse Software Defined Vehicle Working Groupなどのオープンソースのワーキンググループにも積極的に参画しています。

「私たちは、ソフトウェアデファインドビークルを実現するために、高度に統合されたエンドツーエンドのソリューションとツールエコシステムを提供してソフトウェア中心の機能開発で自動車メーカーを支援します。車載ソフトウェアの迅速なデータ重視の開発、効率的な展開と管理、安全かつセキュアな運用を可能にし、お客様やパートナーと共に、車載ソフトウェアの未来を果敢に形作っています」とETAS GmbHの取締役会長、トーマス・イラワンは述べています。

DevOpsサイクル全体に対応する弊社のソリューションは、ソフトウェアデファインドビークルの複雑さを簡素化します。ETASはモビリティ産業の発展を目指し、お客様のそれぞれのニーズに合わせたソリューションを提供するとともに、ソリューションの改善、統合、協調を目指します。