03/12/2019

ETASとナショナルインスツルメンツがジョイントベンチャーを設立

Leandro Fonseca, Transportation Offering Manager National Instruments and designated Managing Director of the Joint Venture(写真左)、Hans-Peter Duerr, Group Manager HiL Standardization ETAS and designated Technical Director of the Joint Venture(写真右)

ETASとナショナルインスツルメンツ(NI)はこの度、ジョイントベンチャー設立のための契約を正式に締結しました。今後、両社は事前構築したハードウェアインザループ(HiL)システムを共同で設計、製造し、サービスを提供していきます。自動車エレクトロニクス分野の需要に応えるため、両社の強みを最大限に活用し、電子制御装置(ECU)やセンサのソフトウェアを試験・検証する技術の向上を目指します。

今回の提携により、自動車産業において数十年の歴史を誇る両社がさらにパートナーシップを深めることになります。NIが持つソフトウェアベースプラットフォームおよび包括的なI/O技術と、ETASが持つHiLシステム開発・統合の専門知識を組み合わせることで、急速に台頭しつつある電子化や先進運転支援システム(ADAS)といった顧客のニーズに対応し、革新的なテスト環境を提供します。

ジョイントベンチャーは本社をドイツのシュトットガルトに置き、両社が株式を50パーセントずつ保有します。本取引は独占禁止法上の許可など所定の手続きにのっとって進められ、完了は2019年6月を予定しています。

ETAS GmbH、取締役会会長のFriedhelm Pickhardは、「ジョイントベンチャーの設立により、ETASのHiLシステムが自動運転などの新しい分野に応用されるでしょう。」と語っています。「NIは自動化テストにおいて先進的なプラットフォームを誇り、常にイノベーションを起こしています。ジョイントベンチャーがNI社のプラットフォームを活用することで新しいHiLソリューションを提供し、自動車エレクトロニクス用ソフトウェアの開発工程における早い段階での検証技術がさらに進歩します。」