09/07/2021

RealTimesの最新号ができました!

ETAS のユーザー様向け会報誌

RealTimes 2021

RealTimesのデジタル版最新号が「困難を超えて、ともに前進を」をテーマに発行されました。新しい働き方から自動運転まで、自動車業界が直面するさまざまな変化に対して迅速・効果的に対処するには、業界全体での協業、協働が欠かせません。最新号では、ともに手を取り合い、課題を乗り越えた企業の興味深い事例を数多く掲載しています。

私たちの生活を大きく変えたパンデミックの発生から1年以上が経過しました。これにより、企業は新しい協業の方法を見出すことを余儀なくされました。物理的な距離と在宅勤務という課題はもちろん重要ですが、ETASはこれまで以上に「ともに前進する」という考え方を重視しています。言うまでもなく、自動車業界は自動運転やモビリティから、接続性や新しいビジネスモデルまで、他の多くの課題にも直面しています。安全性を損なうことなく車載ソフトウェアを継続的に改善し、はるかに迅速に市場に投入するには、まったく新しい開発手法が必要です。ここではチームワークが不可欠です。たとえばラフティング(急流下り)。ラフティングでは、ボートに乗っている人全員がチームとして協力しなければ川をうまく下ることができません。救命胴衣を用意することも重要です。万一ボートが転倒した場合、全員が助かり、船に戻って前進し続けることができます。

ETASはすでに車載ソフトウェアの開発を支援する有用なソリューションの広範なポートフォリオを提供しており、今後の開発予定製品には多くの持続可能なアプローチを取り入れています。アジャイル手法、クラウドベースのソリューション、および完全に調和した開発ソリューションが、これからの開発のカギを握ります。詳細については、「新時代の開発手法」に関する記事をご覧ください。

「ETASとの協業事例」のページでは、日産でのモデルベースの開発、アウディでのEHANDBOOKの使用、現代自動車のETAS ASCMO-MOCAの導入など、世界中の興味深い顧客プロジェクトに関する記事をご紹介しています。

ETASの最新ニュースや製品については、本号の「ETASの動向」ページをご覧ください。ETASハードウェアが本番環境でどのようにテストされ、これがETAS製品の品質強化にどのように貢献しているかについて特集しています。また、新取締役を皆様にご紹介するためのインタビュー記事も掲載しました。

ぜひ、お楽しみください!