10/01/2022

ETAS GmbH取締役会の新会長にDr. Thomas Irawan(トーマス・イラワン)を選任

Dr. Thomas Irawan

2022年10月1日付けで、ETAS GmbH取締役会の新会長にDr. Thomas Irawan(トーマス・イラワン)(44歳)が就任することとなりました。彼は企業戦略、エンジニアリング、およびグローバルマーケティングの責任者となります。前任のクリストフ・ハルトゥングは同日、ボッシュグループでソフトウェアおよびシステムを担う「Cross-Domain Computing Solutions(クロスドメインコンピューティングソリューション)」部門の社長に就任します。

トーマス・イラワンは2006年にボッシュに入社しました。2018年、Leonberg(レーオンヴェルク)にてドライバーエクスペリエンスビジネスの責任者となり、運転支援、自動化、コネクテッドに携わってきました。

ボッシュ・モビリティセクターの技術責任者であるDr. Mathias Pillin(マティアス・ピリン)は「彼は運転支援ドメインビジネスにおける複雑系システム、ソフトウェア、ハードウェア、およびサービスビジネスに幅広い経験を有するため、この職務に最適です」と述べています。

トーマス・イラワンは物理学とコンピューターサイエンスを学んだ後、物理学の博士号を取得し、ボッシュでのキャリアをBlaichach/Immenstadt(ブライハッハ/インメンシュタット)でスタートしました。製造エンジニア、プロジェクトマネージャ、プロセス開発のシニアマネージャを歴任した後、「製造エンジニアリングおよびオペレーションズ」部のディレクターに就任。その後、Bosch Thailand社の技術プラントマネージャ、Robert Bosch GmbH Abstatt(アプシュタット)、シャーシシステムコントロール部門のシニアヴァイスプレジデントを歴任しました。

「取締役としての新しい役割、そしてソフトウェアデファインドビークルというソリューションにより未来のモビリティを形成するETASチームの一員となれることを楽しみにしています」とトーマス・イラワンは語ります。

ETASについて

1994年に設立されたETAS GmbHは、ボッシュグループの完全子会社であり、欧州、北米、南米、アジアの12か国に海外営業拠点を展開しています。ETASは、車載用ベーシックソフトウェア、ミドルウェア、およびソフトウェアデファインドビークル向けの開発ツールといった多彩なポートフォリオを提供し、 自動車メーカーやサプライヤーの開発・運用の効率向上を支援しています。当社はまた、ESCRYPTのブランドを通じて、自動車分野に特化した包括的なサイバーセキュリティソリューションを提供しています。

詳細については、www.etas.comを参照してください。

ETAS GmbH

Anja Krahl

Senior Manager Press and Public Relations