05/08/2019

モデルベース開発ツールベンダーのETASとエレクトロニクス技術商社の 兼松フューチャーテックソリューションズが販売代理店契約を締結。

兼松フューチャーテックソリューションズ株式会社 代表取締役社長 田村 英一イータス株式会社 代表取締役:横山 崇幸; Kanematsu GmbH/Europe President Pierre Yamashina(山科 裕司; ETAS GmbH Executive Vice-President Sales Christopher White (クリストファー・ホワイト )

2019年5月8日 – ECUソフトウェアの開発工程全般に対応するソリューションを提供しているイータス株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役:横山崇幸、以下「ETAS」)と、エレクトロニクス技術商社の兼松フューチャーテックソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田村英一、以下「兼松フューチャーテックソリューションズ」)は販売代理店契約を締結したことを発表しました。この契約は、セールスチャンネル、サポート体制を強化することで、お客様の多様なニーズに的確に、迅速にお応えすることを目的としています。

市場背景および契約締結の背景
現在、自動車業界は歴史的転換点を迎えています。コネクティッド化、自動運転化、シェア/サービス化、電動化という巨大なトレンドが押し寄せており、新たな技術要求への迅速な対応がかつてないほど求められています。クルマが高度化するに従い、クルマに搭載するさまざま機能がソフトウェア化するため、車載用ソフトウェアの開発量は肥大化し、ADAS(先進運転支援システム)/AD(自動運転)領域でのAIの活用に向けた新技術開発も加速しており、開発規模の増大と複雑化が加速し続けている中、ますます重要となるのがソフトウェア開発技術と強力な開発環境となり、鍵となるのがお客様の多様なニーズにお応えできる、迅速でトータルなソリューション提案力です。

ETASのソリューション

ETASは、組み込みシステムの制御分野において、車載制御開発支援を主軸として、ソフトウェアの開発からテスト・機能評価、計測・適合まで、ECUソフトウェアの開発工程全般に対応するモデルベース開発(MBD)のソリューションを提供しています。開発規模の増大と複雑化に直面する自動車業界では、ソフトウェア開発作業の効率化や自動車全体の開発効率化という課題が存在しますが、これらの課題解決にETASが提供するMBDツール群やエンジニアリングサービス、コンサルティングといったサポート力が貢献しています。

イータス株式会社について

ETASは、自動車産業をはじめとするさまざまな領域における組み込みシステム開発向けに、革新的なソリューションを提供しています。システムプロバイダのETASのポートフォリオは、統合ツールからエンジニアリングサービス、コンサルティング、トレーニング、サポートのためにツールソリューションまでを多面的に網羅しています。組み込みシステム領域におけるセキュリティソリューションは、ETASの子会社であるESCRYPT(エスクリプト)によって提供されます。1994年に設立されたETAS GmbHBoschグループの100%子会社として、欧州、北・南米、アジア地域でビジネスを展開しています。イータス株式会社は、ETAS GmbHの日本法人として1998年に設立されました。詳細につきましては

佐々木知子

マーケティングコミュニケーション室

兼松フューチャーテックソリューションズ株式会社について

兼松フューチャーテックソリューションズ株式会社は、2018年4月1日より、兼松株式会社の電子部品・半導体事業を中心とする部隊を分社化し、新たに事業しております。半導体製品/技術をコアにして、モジュールやシステムの設計開発や、様々なソフト・ハード・サービスを有機的に組み合わせることで、お客様に最適なソリューションをお届けすることを使命としており、"Providing Solutions, Building your Future"(ソリューションをお届けして未来を築く)をスローガンに、常に新しい情報や技術を取り込み、IoTやAIなどの技術革新や業界市場の変革に的確に対応するため、より専門性の高い技術商社として、お客様の多様なニーズにお応えしてまいります。詳細についてきましては、  www.kft.kanematsu.co.jp. をご覧ください。

松尾健二

第二営業本部 営業部第一部 第一課