労働安全と環境保全 のガイドライン

労働安全と環境保護に関する指針

持続可能性

私たちは、未来の世代のために、経済、生態系、コミュニティ全体に対する責任を念頭に置いて、行動することを約束します。このため、人々の安全と健康、資源の有効活用、自然で清潔な環境を尊重することを、当社の事業方針の基本原則とします。

責任

人々や環境に危害を及ぼさず、労働安全や人々の健康、環境保全に関係するあらゆる法律や規制を厳守することは私たち全員の責務です。このような危険を認識、分析し、適切な処置を講じることはリーダーの責任です。

製品

私たちは安全で、環境にやさしく、経済的な製品を設計、開発し生産します。私たちの製品は人々の健康や安全を脅かすことなく製品がリサイクル、或いは廃棄されるまでのライフサイクル全般に亘り環境への影響を最小限に留めるよう設計されています。

プロセス

私たちは、経済的に実現可能であればどのような場所でも、人々の健康と安全を最優先し、環境への負荷は最小限に留めるプロセスをデザインします。緊急事態に対処する準備はできています。これは製品やサービスのサプライヤーとの協力の精神でもあります。

継続的改善

私たちは、人々や環境に与える影響を把握することで、私たちのプロセスや行動を定期的に見直します。このようにして、私たちの弱点や
改善の可能性を見出し、労働安全や人々の健康、環境保護のためのプログラムを確実に有効にします。

 

2002年という早い時期に、ETAS GmbHは環境管理システムの導入に成功の後、国際標準ISO 14001に認定されました。

安全性と環境保護のETASの原則にのっとり、私達は積極的に環境保護へ関与します。