詳細

ISOLAR-Bの利用法

システムエクステンション

システムエクステンションを使用すると、AUTOSARモデルをプロジェクトの要件に合わせて容易に拡張することができるので、システムディスクリプションとベーシックソフトウェアコンフィギュレーションの間の隔たりを埋めることができます。メリット: システムディスクリプションに基づくベーシックソフトウェアの設定作業が広範に自動化できるので、手作業を大幅に削減することができます。DBC情報やODX情報などのようなAUTOSTAR非準拠のディスクリプションも統合してさらに処理することができます。

設定作業は不要(ゼロコンフィギュレーション)

システム情報をインテリジェントに評価するため、サポート対応のユースケースでは、ベーシックソフトウェアの設定作業を広範に自動化します。

反復型開発

Diff(差分比較)/Merge(マージ)機能を利用することで、システムディスクリプションの修正のような漸進的な変更処理を容易に統合して、段階的な反復型開発に対応します。特に、アジャイル開発には重要な機能です。

実際的な用途

ISOLAR-BはECUソフトウェアインテグレータの標準的な作業プロセス向けに開発されたツールです。インテグレータの作業負担を大幅に軽減するので、業務に集中して早く目標を達成できるようになります。最も重要な機能は以下のとおりです。

  • ECU  ExtractやDBCファイルインポートなどを利用して、システムディスクリプションに基づくベーシックソフトウェアの設定作業を広範に自動化
  • 複雑な設定作業に対するユーザーガイダンス
  • Diff(差分比較)/Merge(マージ)機能により、変更処理を反復型開発プロセスにシームレスに統合
  • Diff(差分比較)/Merge(マージ)で、自動生成のアーティファクトと手動生成のアーティファクトを区別
  • AUTOSARモデル全体にアクセスすることで、サービスコンポーネント、RTE、およびオペレーティングシステム(OS)の設定を改善
  • PDU/メッセージビューアがCOMスタックコンフィギュレーションの概要を視覚的に表示
  • AUTOSARとの適合性をルールベースで評価
  • 作業プロセスの改善とラウンドトリップタイム短縮を実現するISOLAR-Aや、BSW生成向けのRTA-BSWなど、他のAUTOSARツールとシームレスに統合

シームレスなツールチェーン

ISOLAR-Bにより、ETASのAUTOSARソリューションが完成します。ISOLAR-AやRTA-BSWと結合することで、ECUソフトウェアプロジェクトの生産性を向上する、シームレスに構築されたツールチェーンが実現します。