COSYM – 協調シミュレーションプラットフォーム

ETAS COSYMCO-simulation of SYsteMs)は、強力なシミュレーションおよび統合プラットフォームです。これを使用すると、開発の早期の段階でソフトウェアのテストや検証を行えるようになります。ソフトウェアを量産展開向けに準備する場合(バーチャルECU)や実ECUに実装する場合にも使用できます。また、このプラットフォームでは、物理モデル(プラントモデル)を統合してシミュレーションを実行することにより、閉ループテストを実現することも可能です。COSYMECUソフトウェア開発のすべての段階をサポートしており、さまざまなプラットフォームに活用することができます。

特長

COSYMでは、実際のバス通信レベル(フレームレベル)で車載バス通信をシミュレートできます。
  • MiLSiLHiLでの一貫性
    • 統一されたGUI
    • HiLテストをシミュレーションに移行することが可能
    • プラントモデルおよびテストの再利用
  • デスクトップPC上の仮想システム(MiL/SiL)およびリアルタイムシステム(HiL)間での相互切り替え
  • 幅広いモデリングツールから制御モデルやプラントモデルを統合
  • 完全なAPIを通じて特定の使用事例を実装し、既存の開発環境に容易に統合することが可能(連続的な統合プロセスでの展開など)
  • 離散時間系と連続時間系の統合および連携
  • 早期の段階で実際のシナリオに基づいて新しい機能の妥当性を確認することが可能
  • オープン性:Functional Mock-up InterfaceFMI)やASAM XiLなど、特定の規格をサポート