EHOOKS スイッチングポイント(バイパスフックポイント) 追加ツール

ETAS EHOOKSは、ECUソフトウェアに、新規変数 / 定数への切り替えが可能なスイッチングポイント(フックポイント)を効率的に挿入するためのソフトウェアツールです。ソフトウェアの詳細な知識がなくても、EHOOKSユーザーはHEXファイルとA2Lファイルにバイパスフックポイントを直接配置できます。ECUソースコードやECUソフトウェアビルド環境の必要はありません。

EHOOKSのECUポートの開発には、Tier 1サプライヤECUソフトウェア開発チームがサポートし、参加しています。そのため、EHOOKSはECUソフトウェアにフックポイントを配置するためのすぐれた機能を備えているだけでなく、非常にシンプルで使いやすいソフトウェア開発ツールEHOOKSができました。

利点

  • HEXファイルとA2LファイルにアクセスするだけでバイパスフックポイントをECUソフトウェアに配置
  • 高度なフックポイント挿入テクノロジにより、正確で信頼性の高い成果
  • さまざまなフックタイプをサポートし、完全にスケーラブルなソリューション
  • 各フックのプロパティが独立した構成
  • フックベースバイパス及びサービスベースバイパス サポート
  • ETASソフトウェア/ハードウェアファミリのすべての関連製品およびECUインターフェースとの互換性を維持
  • オンターゲットバイパスのためのASCETまたはSimulink®統合