用途

ディーゼルとガソリンエンジンの適合

  • 燃費とエミッションの最小化
  • コントローラー適合(例:ドライバビリティ、過給圧、アイドリング)
  • バーチャルセンサ(例:エアーチャージ、トルク)

ETAS ASCMOのその他応用機能

  • バルブ、センサ及びその他のハードウェアコンポーネントの最適化
  • 物理ベースシミュレーションモデル精度の改善、演算速度向上
  • 過渡挙動を考慮したアクチュエータのモデリングと適合
  • 高精度過渡モデルの生成
  • バッテリ、ギアボックス、油圧ポンプ、電気モータといったその他システムの最適化と適合

ETAS ASCMOの主な用途は、計測データを用いた燃焼機関の挙動モデル作成です。モデルトレーニングに必要なデータの数やポイントをDoEのアプローチで決定することにより、計測工数を大幅に削減することができます。ETAS ASCMOは操作が簡単なので、モデリングの専門家に限らずエンジン開発工程に従事する方なら誰でもモデルを作成することができます。

ETAS ASCMOを使用すれば排出試験を机上で行うことが可能になるので、さまざまな適合パターンを机上評価することができ、テストベンチであれば数日を費やす排出試験を数分で完了させることができます。

GT-POWERモデルなどのシミュレーションモデルをご使用の場合は、データに基づくETAS ASCMOモデルそれらのモデルを補完することにより排出シミュレーションの予測精度が著しく向上するので、テストベンチやHiLシステムでのテストランの回数を削減できます。

他の用途としては、各種ハードウェア部品(噴射バルブ、センサ、オルタネータなど)の最適化や、走行サイクル別の排出ガスや燃費の過渡予測、複雑な機能のパラメータ化などがあげられます。

使用事例: