ASCMO

ETAS ASCMOは、計測データに基づいたモデリングの作成やモデルベース適合のための理想的なソリューションを提供します。高度なアルゴリズムにより、最小限の計測データから高精度の実験モデルを作成し、複雑なシステムの挙動の解析や最適化を行うことができます。さらにこのツールを使用すると、物理モデルのパラメータも効率よく最適化することができます。

アプリケーション

ETAS ASCMOは、エンジンの燃料消費やエミッションの最適化など、あらゆるアプリケーションにおけるモデルベース適合で使用されています。

さらに、高精度プラントモデルを生成できます。つまり、各システムコンポーネントにおけるシミュレーション精度が上がるため、繰り返し実施するシステム全体のシミュレーション回数を劇的に減らします。

ETAS ASCMOで生成したモデルは、モデル/ソフトウェア/ハードウェア・インザループ(XiL)環境で実行することが可能です。実行環境要件に合わせて複雑なモデルを縮小して生成することができるため、量産ECU上でモデルを実行することも可能です。

効率性と高い操作性

ETAS ASCMOは、実験計画法(DoE: Design of Experiments)を使用し、パラメータの組み合わせを考慮した計測点リストを生成します。最小限の計測点で可能な限り正確にシステム挙動を把握できる様、計測点が計画されます。これにより計測工数を80%削減できたケースもあります。

ETAS ASCMOは、最先端の統計的学習手法を使用することで、ユーザーによるモデルパラメータの指定を要求せず、高精度のモデルを生成することができます。ゆえに、ツールを使用するにあたり、システムに関する事前知識や、特別な数学的知識は必要ありません。

使用用途

  • 実験モデルによる複雑なシステムの定常/過渡挙動の把握
  • エンジンやハイブリッドパワートレインのような複雑なシステムのモデルベース適合
  • 動力性能、エミッション、燃料性能の多目的サイクル最適化

特長

  • 複雑なモデルを縮小することでリアルタイム性が要求されるECUへの実装
  • 実験計画法(DoE)手法による効率化
  • 多目的サイクル最適化により適合工数を削減
  • 数学的専門的知識不要、直感的な操作性
  • 多次元表示によるインタラクティブグラフィックディスプレイ
  • 標準的なフォーマットによるデータ/モデルのインポートエクスポート
  • ユーザー固有の機能やツール、テストベンチオートメーションに接続するためのMATLAB®やCOMインターフェースを提供
  • ETAS ASCMO製品モデル:アプリケーションへ柔軟に対応させるため、ベースとなるアプリケーションソフトウェアと各種アドオンで構成

ETAS ASCMO製品モデル

アプリケーションへ柔軟に対応させるため、ベースとなる拡張性の高いアプリケーションソフトウェアと各種アドオンで構成

ETAS ASCMO-DESK

ETAS ASCMO-DESKは、ETAS ASCMO-STATIC、ETAS ASCMO-DYNAMIC、およびETAS ASCMO-MOCAの共通インターフェースとなるベーシックプロダクトです。この製品にはサイクルの管理と計算、分散表示、プログラムマップの編集といった便利なツールが含まれています。

ETAS ASCMO-STATIC (STATIC Modeling)

ETAS ASCMO-STATICは、データモデルを使用した複雑なシステムのスタティックな挙動把握、計測データの視覚化と分析、システムパラメータの最適化、DoE試験計画の作成といった豊富な機能を備えています。

ETAS ASCMO-DYN (Dynamic Modeling)

ETAS ASCMO-DYNは、複雑なシステムのダイナミックな過渡挙動をモデル化します。このモデルはC言語や、INCA/MDAまたはSimulink®やFMI-/FMUに準拠したシミュレーション環境に統合するための特定のフォーマットにエクスポートすることができます。このアドオンは試験計画も作成することができます。

ETAS ASCMO-MOCA (MOdel CAlibration)

ETAS ASCMO-MOCAは、物理モデルのパラメータ最適化を効率化します。モデルは計算式をツールに入力するか、Simulink®、FMU、ETAS ASCET、ETAS ASCMOモデルとしてリンクさせることが連携できます。

ETAS ASCMO-SDK (Software Developer Kit)

ETAS ASCMO-SDKは、MATLAB®インターフェースを使用して、ユーザー固有プラグインを追加できます。ベーシックプロダクトのCOMインターフェースと同じく、このアドオンはテストベンチオートメーションシステムへの接続も可能にします。

ETAS ASCMO-SIG (Signal Trace Modeling)

ETAS ASCMO-SIGでは、筒内圧波形などのシグナル波形モデルを作成できます。インプットパラメータから予測される波形をグラフ化して表示します。

ETAS ASCMO-GO (Global Optimization)

ETAS ASCMO-GOは、エミッションと燃料消費のサイクル全般などを全運転領域にわたり内燃機関の制御変数を最適化します。 各運転領域でのローカルリミットやマップスムージング設定が可能です。

ETAS ASCMO-MCI (Model Compression)

ETAS ASCMO-MCI は、サイズの大きいモデルを縮小し、シミュレーションや最適化の実行時間を短縮します。

ETAS ASCMO- ME (Modeling Export)

ETAS ASCMO-MEは、モデルをC-code、MATLAB®/Simulink®、ETAS INCA/MDA、Python、Excel VBA、FMI/FMUフォーマットでエクスポートできます。