詳細

開発の早期の段階において、機能テストをWindowsデスクトップPC上で実行できます(Model-in-the-Loop:MiL)。COSYMは、MATLAB®/Simulink®、Cコード、Functional Mock-up Interface 2.0(DymolaやGT-SUITEの物理モデル)などの幅広いソースからのモデル統合もサポートしています。

接続の汎用性:COSYMを使用すると、テスト対象の成果物、モデル、およびバス設定を統合し、幅広いプラットフォーム上でシミュレーションや実験を行うことができます。

COSYMは閉ループと開ループの両方のテストに対応しており、離散時間系および連続時間系のシミュレーションが可能です。COSYMは、特定のオープン規格(ASAM XiL、FMI、CDFなど)に対応しています。そのため、テスト自動化ソフトウェアソリューションをASAM XiLインターフェースなどを通じて容易に接続することができます。ASAM XiL規格を使用することで、COSYMで既存のテストライブラリを利用することが可能です。

SiLテストのコスト効率が向上し、テスト期間が短縮

バーチャルECUを使用すると、COSYM上でSiL(Software-in-the-Loop)テストを行うこともできます。このような場合、CAN/CAN FDの仮想バスに対象のECUを接続すると、COSYMアーキテクチャによってCANなどのバスを介した通信がシステム全体と同期され、シミュレートされます。

SiL テストに COSYM を使用すると、大きな利点があります。

  • コスト効率の向上と時間の短縮
  • ETAS ISOLAR-EVEなどで生成されたバーチャルECUを統合しテストすることが可能
  • HiLテストにSiLテストをシームレスに再利用することが可能
  • バーチャルECU間の通信を現実的にシミュレートし、テストに使用することが可能

HiLにおけるCOSYMの使用

ECUのテストの大部分をリアルタイムの条件下で行う場合、LABCAR製品ファミリ(LABCARシステム)を併用すれば、COSYMでHiL(Hardware-in-the-Loop)テストを行うことができます。このような場合、MiLやSiL用に作成済みのモデル、パラメータ、テストスクリプトなどを再利用でき、ユーザーインターフェースも同じものを使用できます。

ETAS COSYMのグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)は直感的に使用することができます。また、COSYMでは、さまざまな成果物をライブラリに統合することが可能です。これらの成果物を仮想的なバスや信号によってシステム全体に組み込むことも可能なため、車両のEEアーキテクチャをシミュレーションによってモデリングできます。

シミュレーションでは、スケジューリングを自由に定義できます。また、設定全体を作成すれば、実行プラットフォームにはRT PC(HiLシステム)やローカルWindows PC(MiL/SiL)を選択できます。

さらに、GUIを使用してアクセスできるすべての機能は、COSYM REST-APIや専用のプログラムコードを使用して実装することもできます。これにより、お客様固有のワークフローをシームレスに統合することが可能です(連続統合)。

シミュレーションや実験の制御には、COSYM EE実験環境を使用できます。このように統合プラットフォームと実験環境を分離することにより、個々のユーザーグループをタスクごとに調整し、ユーザーグループの明確な制御コンセプトを確立することができます。

MiL/SiLの使用事例では、COSYM EEの代わりにPythonインターフェースを使用することにより、スクリプトベースでシミュレーションを制御することが可能です。

COSYM EE実験環境によるシミュレーションの制御

HiLの使用事例

HiL(Hardware-in-the-Loop)の使用事例では、物理I/Oおよびバスインターフェース経由で実負荷またはシミュレーション負荷を接続したLABCAR RTPC上でECU環境をシミュレートしたうえで、それを実ECUに接続することが可能です。HiLテストベンチでは、MiL/SiL環境と同一または異なるシミュレーションシナリオを使用できます。代表的なケースは、エンジン制御ユニットやバッテリー管理システムなどの車載制御ユニットのテストおよび妥当性確認です。

実際のプロトタイプECUや量産ECUを使用してHiLを実装するには、COSYMをサポートしたLABCAR HiLシステムが必要です。統合および実験プラットフォームであるCOSYMには、CコードモジュールやFMU、MATLAB®/Simulink®モデルの統合と設定、バスシステムのシミュレーション(レストバスシミュレーション)など、テストプロジェクトに必要な機能が搭載されています。また、COSYMでは、テストプロジェクトの設定全体を実装することも可能であり、リアルタイムでの実験向けの環境が用意されています。

LABCARハードウェア製品ファミリ(LABCAR HiLシステム)の各種モジュールを活用すれば、ECUをリアルタイム条件下でテストすることも可能です。特にLABCARモデルのプラントシミュレーションは、環境のシミュレーション向けとして使用できます。

HiLテストベンチは、個々のECUのテストだけでなく、(パワートレインなどの)ドメインECUネットワークや車両全体のECUネットワークの妥当性確認にも(構成に応じて)使用できます。

MiL/SiLの使用事例

HiLの場合と同様に、COSYM EEはWindows PC上でシミュレーションを制御する際にも使用できます。COSYMユーザーインターフェースを使用すると、(MATLAB®/SIMULINKなどで作成した)ソフトウェアモデルから(C/C++インターフェースを使用して)ほぼ量産段階になったECUソフトウェアに至るまで、さまざまな抽象化の段階でバーチャルECUを統合することが可能です。また、COSYM上でETAS ISOLAR-EVEによって作成されたバーチャルECU、サードパーティベンダー製のバーチャルECU、社内ソリューションを用いて作成したバーチャルECUも統合できます。

さらに、ETAS ISOLAR-EVEなど、車載バスシステム向けのインターフェースを備えたECUソフトウェアでは、複数のバーチャルECU間の通信をCANおよびCAN FD規格に合わせて現実的にシミュレートすることができます。

もう1つの大きな利点は、最適な環境でリアルタイムモデルの計算時間を大幅に短縮できることです。演算負荷の高い非リアルタイムモデルの計算も可能です。

COSYM基本製品

COSYM HiL

COSYM HiLは、ECUテスト(Hardware-in-the-Loop)向けの統合および実験プラットフォームです。Cコード、FMU、およびMATLAB®/Simulink®モデルを統合し設定することができます。

COSYM MiL SiL

COSYM MiL SiLでは、Windows PCでのシミュレーション向けのCコード、FMU、およびMATLAB®/Simulink®モデルを統合し設定することができます。 

COSYMアドオン製品

COSYM HiL CCI

COSYM HiL CCI(Calibration Connector for INCA)を使用すると、INCAでモデル同期計測を行ったり、ECUへの適合アクセスを行ったりすることができます。

COSYM MiL SiL EE

COSYM MiL SiL EEは実験環境であり、統合したモデルに基づいてシミュレーションや実験を行うことができます。

COSYM MiL SiL PA

COSYM MiL SiL PAは、モデルのパラメータ設定をサポートするツールであり、システムの全モデルでパラメータの配置やグループ化を自己定義できるようにします。これにより、アプリケーション固有のビューを生成できるようになるため、パラメータ設定が容易になります。

COSYM MiL SiL TC SIMULINK

COSYM MiL SiL TC SIMULINKを使用すると、COSYMのモデルおよびMATLAB®/Simulink®のモデル間で協調シミュレーションを行えるようになります。MATLAB®/Simulink®モデルは元の環境で実行できるため、MATLAB®/Simulink®からコードを生成する必要がありません。

COSYM MiL SiL VNET

COSYM MiL SiL VNET(Virtual Networks)を使用すると、CANバスのシミュレーションを行うことができます。

COSYM NIC

COSYM NIC(Network Integration CAN)を使用すると、CANによるレストバスシミュレーションが必要なテストを設定し実行することができます。

COSYM NIF

COSYM NIF(Network Integration FlexRay)を使用すると、FlexRayによるレストバスシミュレーションが必要なテストを設定し実行することができます。

COSYM NIL

COSYM NIL(Network Integration LIN)を使用すると、LINによるレストバスシミュレーションが必要なテストを設定し実行することができます。

COSYM NAE

COSYM NAE(Network Integration Automotive Ethernet)を使用すると、Automotive Ethernetによるレストバスシミュレーションが必要なテストを設定し実行することができます。

COSYM RTC

COSYM HiL RTC(Real-Time Execution Connector)を使用すると、リアルタイムターゲットと共にLABCARハードウェアを設定し接続することができます。

クラウド向けの設計

新しい排出基準(RDE)や自動運転機能の開発との適合性を証明するには、仮想的な路上テストを集中的に行う必要があります。これらのテストを許容時間内で実行するには、クラウドでの大規模な並列計算が不可欠です。COSYMは革新的なシミュレーションプラットフォームです。COSYMは拡張性に優れ、モジュール型のアーキテクチャをベースとしているため、クラウド上でのテストや作業に向けて最善の準備を整えることができます。