ES5340 – PCI Expressシミュレーションボード

ETAS ES5340 PCI Expressシミュレーションボードは、LABCAR HiLシステムに不可欠なパーツです。これにより、パワートレイン用のモーターとインバータをシミュレートすることができます。速度と精度に関して、極めて厳しい要求に対応できる設計になっています。

電動パワートレイン/内燃機関用の電気モーターとインバータをシミュレートするために、以下の2種類のPCI Expressボードをご用意しました。

ETAS ES5340-M電気モーターシミュレーションボードは、一般的なインバータ/電気モーターECUのテストに必要となる信号をシミュレートします。これを使用することで、インバータや電気モーターのECUを信号レベルでテストすることができます。

ETAS ES5340-ICE内燃機関シミュレーションボードは、2ストローク/4ストロークエンジン用の角度同期のECU信号の収集、評価、生成に使用されます。

信号はボード上で前処理されてからLABCAR-RTPCシミュレーションターゲットに転送されるので、転送先では極めて効率的に信号を処理することができます。

応用分野

以下のためのHiLテスト

  • (H)EV ECU
  • エンジンECU

ES5340-Mのメリット

  • 電動パワートレイン用の電気モーターとインバータのHiLシミュレーション
  • 絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)制御信号用クロックリカバリ
  • 相電流の予測
  • フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)をベースとして850nsのステップサイズで基本的なすべての物理的影響を再現できる、インバータ/ 三相永久磁石同期機(PMSM)モデルおよびインバータ/三相誘導機(IM)モデル
  • オンボードで信号を前処理

ES5340-ICEのメリット

  • 電動パワートレイン用内燃機関のHiLシミュレーション
  • オンボードで信号を前処理
  • 1つのボードで角度ベースの信号の生成と収集が可能

ES5340-MとES5340-ICEの機能

ES5340-M ES5340-ICE
4個のアナログ入力、8個のアナログ出力、および8個のデジタル出力またはPWM出力
出力ごとにさまざまなセンサを設定可能(各種センサの混在構成)
出力ごとに専用の外部基準電圧
出力ごとにカットオフリレー
チャンネルごとに±60Vのサージ保護
各出力チャンネルを電気的に絶縁
センサ/アクチュエータ/ECUとのSENT通信
ソフトウェアモデル(LABCAR-RTPC)をタスクトリガによりPWM周期と同期 ノックセンサのシミュレーション
3種類の位置センサ(レゾルバセンサ、サインエンコーダ、デジタルエンコーダ)のシミュレーション 失火のシミュレーション
絶縁ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)制御信号の計測 クランクシャフト/カムシャフトセンサのシミュレーション
レール圧ポンプ制御信号の計測

本製品は自動車用アプリケーションでの使用のために開発、発売されています。他ドメインで使用する際は、ETASまでお問い合わせください。