ES582 - USB CAN FD-バスインターフェース

ES582.1モジュールは、コンパクトで手頃な価格のCAN FD インターフェース(x2チャンネル)です。このモジュールは、PCやノートパソコンを車両のCANバスやCANポートのあるステアリング装置に接続するために使用されます。
ES582 - USB CAN FDバスインターフェース

ES582.1モジュールはUSBインターフェース経由でPCやノートパソコンに接続され、電源はPCやノートパソコンから供給されます。インストールも設定も簡単です。

測定データはES582モジュールに記録されます。記録されたデータは、INCAのその他の制御装置と測定モジュールによる信号より高精度に同期されます。さらに、フラッシュメモリーのプログラミングや車両電子装置の診断も、ECUパラメタのINCAソフトウェアキャリブレーションと同時に、ES582モジュール上で可能です。 

CAN FD

CAN FD (柔軟性の高いデータ転送速度を持つCAN)は、CANを改良したプロトコルでCANと下位互換性を持ち、Bosch社により開発されたものです。CANとの主な違いは、8バイトから64バイトのメッセージ毎のユーザーデータ拡張と最大8Mbit/秒という転送速度にあります。CAN FDでは、自動車業界のネットワーク用のより高いバンド幅の需要に対応しています。同時に、CAN FDノードは既存のCANのインフラにも簡単に統合できます。

利点

  • コンパクトで手頃な価格のPC用CAN FDバスインターフェース(x2チャンネル)
  • ISO準拠版とISO非準拠版(CAN FD V1)のCAN FDプロトコルの両方に対応
  • 各CANチャネル接続用のY字ケーブル同梱
  • USBポートを使いホストコンピューターに簡単かつ直接接続
  • フラッシュプログラミング、測定データの記録、測定装置のキャリブレーションや診断用に最適
  • INCAに統合
  • CANインターフェースとホストコンピューターとは電気的に絶縁

CAN FD対応のES582モジュールは、従来型のCANおよびCAN FD環境の両方における様々な用途に適したツールです。例えば、車両内のCANに診断用コネクタ経由で接続も可能です。モジュールは、CCP、XCP、KWP-on-CANやUDSのようなINCAが使用するあらゆるプロトコルに対応しています。CCPやKWP-on-CANプロトコル (ISO14230 / ISO15765)に関しては、従来型のCANモードのみで対応しています。

ODX-LINKが搭載された車両診断モジュールの検証において、CAN上でOBD用インターフェースとして制御装置診断用INCAアドオンを使用可能で、診断トラブルコード(DTCs)を読み取り、解除できます。この場合、別途診断サービスツールは不要です。ES582モジュールは、車両診断とフラッシュプログラミング用のオープンSAE J2534規格のパススルーインターフェースを提供しています。