ES820 – ドライブレコーダモジュール

ES800計測・適合・プロトタイピングシステムのドライブレコーダモジュールは、車載電子制御システムの開発・適合・評価時に実行されるさまざまな計測タスクに使用することができます。

ES820 – 高い期待に対応できるドライブレコーダモジュール

ES820ドライブレコーダモジュール

ES820モジュールは既存の車両計測設備に容易に統合することができます。INCA PCやラップトップコンピュータに代わって、車両のECU、バス、ネットワーク、センサ、計測器からの信号を収集して記録します。一度設定すると、このモジュールはユーザーやドライバーとやりとりすることなく、接続されているデバイスからのすべてのデータを記録します。ES820ドライブレコーダにはINCAが付属されています。

用途

ES89xシリーズやES5xxシリーズのインターフェースモジュールを使用すると、ETK、XETK、またはFETKインターフェースと複数のLIN、CAN/CAN FDおよびFlexRayバスを経由してECUをドライブレコーダに接続することができます。さらに、ES400シリーズやES600シリーズの計測モジュールを使用すれば、車両環境内のさまざまな信号を記録することができます。ES820モジュールおよび対応ケーブルは車両のパッセンジャーコンパートメント内やトランク内、テストベンチ、および実験室で使用できるように設計されています。

Gigabit Ethernet(ホスト)インターフェースを使用すると、PCを接続して、コンフィギュレーションを設定したり、記録されたデータをコピーしたりすることができます。さらにもう1つのGEインターフェースを使用すると、適合するGigabit Ethernetモジュールとのネットワークを容易に構築することができます。たとえば外付けのES581.4 CANバスインターフェースモジュールでシステムを拡張するためには、4個のUSB-Aポートを使用することができます。

ES820ドライブレコーダは計測・ECU適合・診断用の標準的なツールであるETAS INCAに対応しています。計測信号の選択、データ収集レートの設定、およびトリガ、通信、診断プロトコルのコンフィギュレーションは、INCAから直接設定されます。

特長

利点

  • 困難な車載計測アプリケーションにも対応できる次世代型ドライブレコーダ
  • 高い計算能力と大容量のメモリにより、数多くの信号を長時間にわたって記録可能