ES89x – 極めて高い需要にも対応できるFETK ECU/バスインターフェースモジュール・シリーズ

ECU/バスインターフェースモジュールES891およびES892は、ES800計測・適合・プロトタイピングハードウェアモジュール製品ファミリの主要製品です。ETASのES89xモジュール・シリーズ、FETKテクノロジー、ソフトウェア製品ファミリのETAS INCA とETAS INTECRIO、およびBUSMASTERオープンソースソフトウェアにより、ETASは実車やテストベンチで電子制御システムの開発、適合、検証を行うための将来対応型ソリューションを提供します。
ES891モジュール

ES89xモジュール・シリーズはECUとビークルバスから得られる計測データを記録します。これらのモジュールは、ECUの適合、診断、およびフラッシュ書き込みに使用したり、プロトタイピングアプリケーション用インターフェースとして使用したりできます。ES89xモジュール・シリーズは、さまざまな信号源から入ってくるすべての信号を同期的にキャプチャできます。

主な機能

このシリーズのモジュールは、Ethernet(イーサネット)、FlexRay、CAN、CAN FD、およびLINのビークルバスをサポートしているだけでなく、ネイティブなXETK XCP on EthernetおよびETASの高性能なFETKのECUインターフェースもサポートしています。実際に、1個のES89xモジュールに2個のFETKを同時に接続できます。ES400製品ファミリまたはES600製品ファミリの計測モジュールや ECU/バスインターフェースモジュールの ES510、ES511、ES523ES592ES593-DES595、あるいはES9xxプロトタイピング/バスインターフェースモジュールは、ファストイーサネット経由でES89xモジュールに接続できます。

このシリーズのモジュールは、ECU/バスインターフェースとして、ホストコンピュータ接続用のギガビットイーサネットポートを1個、FETK ECUまたは他のギガビットイーサネット(GE)デバイスのためのギガビットイーサネット(GE)接続を2個、XETK ECUまたは別のファストイーサネット(FE)デバイスのためのFEポートを1個搭載しています。さらに、このシリーズのモジュールにはCANまたはCAN FDのポートが5個あり、モジュールES891では2個のポートをFlexRayポートのチャンネルAおよびBとして使用するように設定し直すことができます。

用途

  • 電子制御システムの検証、適合、プロトタイピングを実車で行うためのES800システムのインターフェースモジュール
  • ETK、FETK、XETKのECUインターフェース、ビークルバス、および計測モジュールからの信号の時刻同期キャプチャ
  • 実車やテストベンチでの高データレート計測

利点

  • 既存のツール環境と統合できるオープンインターフェース
  • ETASハードウェアからの計測データを時刻同期で、1µsより優れた精度でキャプチャ
  • IEEE1588 Precision Time Protocol(PTP: 高精度時間プロトコル)準拠の時刻同期
  • 堅牢なメタルハウジング(IP44)
  • 2個のFETK/ギガビットイーサネット接続と1個のXETK/ファストイーサネット接続
  • 2チャンネルからなる1個のFlexRayインターフェース(ES891のみ)
  • 最大5個のCAN/CAN FDインターフェース
  • 1個のLINインターフェース
  • CAN、CAN FD、FlexRayチャンネルでのウェイクアップ
  • ES800ファミリのモジュールを追加接続できるシンプルなプラグインメカニズム