ISOLAR-EVE

ETASはISOLAR-EVE(ETAS Virtual ECU)ツール環境を開発しました。これは、AUTOSAR基準を利用して組み込みソフトウェアの開発・評価・検証をPCベースで効率的に行うためのプラットフォームです。

ISOLAR-EVE – ソフトウェア開発用バーチャルECU

ISOLAR-EVEのオープンインターフェースと柔軟性を活かし、以下のような多くの主要開発ステップで生産性を大幅に向上することができます。

  • アプリケーションソフトウェアをAUTOSARのバーチャルファンクションバスレベルで早期に評価
  • AUTOSARソフトウェアコンポーネントのテスト、およびベーシックソフトウェアスタックを含むソフトウェアコンポーネントの相互運用性のテストをシンプルかつ迅速に実行
  • 実ECUとバーチャルECUのすべての組み合わせについてECUネットワークの統合性をテストし、開発プロセス全体にわたって継続的な統合性を実現

ISOLAR-EVEはECUソフトウェアの統合とテストを高速化する強力なバーチャルECU環境です。エラーを早く見つけられるので、時間とコストを節約できるだけでなく、開発プロセスの早期に高いソフトウェア品質を確保するのにも役立ちます。

メリット

  • バーチャルECUをCANoeやBUSMASTERなどのCANバスシミュレーションツールに接続
  • ETAS RT2やPikeTec TPTなどによりテストを自動化
  • 量産実績のある組み込み実装をベースとするPC 用のMCAL(マイクロコントローラ抽象化レイヤー)、OS(AUTOSARオペレーティングシステム)、RTE(AUTOSARランタイム環境)を包含
  • RTE(AUTOSARランタイム環境)とAUTOSAR-BSW(ベーシックソフトウェア)について、多様なサプライヤの実装をサポート
  • Simulink®やFMI準拠のツールなどにより、閉ループ制御をシミュレート
  • AUTOSAR、Artop、Eclipse、XCP、A2Lなどの標準を用いてオープン性と柔軟性を実現