詳細

HiLテスト用の車両ダイナミクス挙動シミュレーションモデル

LABCAR-MODEL-VDYN

ETAS LABCAR-MODEL-VDYNシミュレーションモデルには以下のコンポーネントが含まれています。

シャーシモデルは、シャーシ、4輪キャリア、および4つの車輪からなる9つの剛体を使用して縦方向と横方向のダイナミクスを計算します。このモデルは、1軸または2軸のトレーラを包含するように拡張することができます。

タイヤモデルについては、以下の2種類の基準が使用可能です。

  • MF Tyre 5.2(マジックフォーミュラ)
  • HSRI(ハイウェイセーフティ研究所)

LABCAR-MODEL-VDYNの製品内容には、MF Tyre 5.2用の標準パラメータセットと、HSRIモデル用のさまざまなタイヤタイプの評価済みデータセットが含まれています。

車両と走行環境は、OpenDRIVE標準を用いてパラメータ化することができます。この方法により、既存の道路定義をシミュレーションに再利用することができます。OpenDRIVEを使用すると、道路の形状と摩擦係数をセグメントごとに定義することができます。

ドライバーモデルがABCAR-MODEL-VDYNモデルを完成させます。

LABCAR-MODEL-VDYNには、運転操作を容易に定義するオープンソースのフレームワークが含まれています。車両ダイナミクスのシナリオ定義を効率的に行うためには、このフレームワークが必要不可欠です。シミュレーションでは、たとえば「目標速度に達したらステアリングホイールを回す」など、時間やイベントをトリガにして反応を引き起こすことができます。

また、LABCAR-MODEL-VDYNは定義済み運転操作のカタログも提供します。このカタログを使用することで、車両ダイナミクスECUのテストを手軽に始めることができます。このカタログには、ECE R13-H基準で要求される認証向けの運転操作が含まれています。

LABCAR-MODEL-BKHD

LABCAR-MODEL-BKHD油圧ブレーキモデルは、Xブレーキ回路(ダイアゴナル・デュアルサーキットブレーキ)、IIブレーキ回路(2ホイールブレーキシステム)、およびXinvブレーキ回路(インバーテッドダイアゴナル・デュアルサーキットブレーキ)が事前設定されています。このモデルは主に以下のブレーキコンポーネントで構成されています。

  • アキュムレータ(A)
  • 高圧シャットオフバルブ(HSV)
  • ポンプとポンプモーター
  • スイッチオーバーバルブ
  • 吸気バルブ(IV)
  • 排気バルブ(EV)

ETASのシミュレーションモデルはモジュール構造になっているので、油圧ブレーキモデル内の各コンポーネントを個別に交換したり改造したりすることが可能です。油圧ブレーキモデルはLABCAR-MODEL-BKHDの製品名で別途ご注文いただく必要があります。