詳細

PC技術の進歩により、継続的な性能の向上が低価格で実現しています。マルチコアPCの導入はその一例です。

LABCAR-RTPCはPCベースのコンセプトによって、処理能力の拡張を用意かつ安易にできるため、PC技術の発展に適応しています。
マルチターゲットかつマルチコアのアプリケーションによって、膨大なデータ量の同時記録における高シミュレーションレートのための処理能力は、ほぼ無限大に高めることができます。そのため、システムのランタイム全体を通して非常に優れた費用対効果が見込めるため、確実な設備投資となりうるのです。

主な特長と利点

  • 将来対応型の投資保護 – モジュール構造のシステムなので、当該コンポーネントを交換するだけで経済的に性能を向上
  • 処理タスクをインテリジェントに管理し、マルチコアプロセッサをサポートして高性能を実現
  • リアルタイムプラグイン可能:
    • 実験中のオンラインデータ解析
    • 内部イベントおよび外部コマンドの正確なタイミングおよび生成
    • テストケースをバリアント依存で設定
    • コンパイル時間の短縮
  • 低価格のリフレクティブメモリボードにより、必要に応じてPC ベースの任意のオープンシステムに接続可能
  • CANバスとIXXAT CANボード(HMS)間の双方向トラフィックをサポート
  • EB5100 FlexRay-PCIインターフェースカードEB5100 (PCI/PCIe)およびElektrobit 製EB5200 (PCIe)をサポート
  • オープンスタンダードのI/O インターフェース(PCI、PCIe、イーサネット等)
  • すべてのLABCAR I/O ハードウェアモジュールを利用可能
  • 一般的なすべてのシミュレーションモデル(ETAS, TESIS DYNAware、Gamma Technologies’ GT-POWER、MATLAB®/Simulink® 等)に対応
  • Web インターフェースによるユーザーフレンドリなコンフィギュレーション、インストール、およびステータス情報クエリ
  • 堅牢なファイルシステム
  • MiL (Model-in-the-Loop)、HiL (Hardware-in-the-Loop)およびHiLと測定・適合を組合わせたアプリケーションに対応