詳細

LABCAR システムコンポーネントは、MATLAB®/Simulink® で作成されたDVE モデル(他社製あるいは内製開発によるモデルなど)を統合できるように設計されています。

HiLシステムをカスタマイズするためのエンジニアリングにかかる手間を必要最小限に抑え、HiL システムの立上げ・コンフィギュレーション・運用に関わる一連の作業を簡素化します。LABCARシステムコンポーネントは、エンジニアリングサービスを提供するサプライヤとの連携作業を円滑に進めるための製品プラットフォームを確立します。

LABCAR システムコンポーネントを用いたHiL システムを構築するエンジニアリングには、コネクタ/ブレイクアウトボックスとECU 間のワイアリング開発、モデルのアダプテーション、擬似負荷の設計・統合などがあります。

LABCAR システムは、自動テストの実行や、ECU 開発の初期段階での制御/診断機能の妥当性確認に活用いただけます。またラボでのECU予備適合にも使用できます。

実証済みのテクノロジー

ECU信号の生成・測定用ボードは、世界中のユーザーに実績があるLABCARテクノロジーを基盤としたシステムに組み込まれます。多彩な機能を提供する各種のボード類が用意されています。

信号生成チャンネルは互いに電気的に絶縁されており、ECUへリアルタイムにアクセスしながら、エンジンのノックセンサを正確にシミュレーションすることが可能です。

また高度なソフトウェアの機能により、効率的にバリアントを管理するなど、ECU開発のさまざまな要件をサポートします。本システムはLABCAR-AUTOMATIONと連携して、膨大な量に上るテストケースの管理や外部ツールへのアクセスを容易に行うことができます。