車両型式認証の準備アセスメント

ESCRYPTの自動車サイバーセキュリティソリューションは、2023年1月よりETASブランドに統合されます。

続きを読む

近い将来、車両の型式認証を受けるには、認証されたサイバーセキュリティ管理システムが実装されていることが必須になります。ETASは、車両型式認証の準備アセスメントを実施することにより、自動車メーカーやサプライヤーが新しいサイバーセキュリティ要件を理解し、実装できるよう支援しています。

新しいサイバーセキュリティ要件に対応する準備はできていますか?

近々実施されるUN規則では、車両型式に対して十分なセキュリティが要求されます。2024年以降、車両型式は認証されたサイバーセキュリティ管理システム(CSMS)に従って開発されていることが求められます。このため、WP.29の将来のアーキテクチャと従来のアーキテクチャの技術的なセキュリティギャップ分析が必要になります。

ETASの技術的な車両型式認証の準備アセスメントは、技術的なロードマップ、予算の見積もり、ビジネス上の意思決定のための適切な基盤を提供します。

車両型式認証の準備アセスメントは、ETASの製品セキュリティの体系的枠組みであるPROOFの構成要素です。PROOFは、最初の準備チェックからCSMSのコミッショニングおよび運用まで、自動車メーカーやサプライヤーを導く実績のあるアプローチです。

型式認証の準備の評価

方法

ETASによる車両型式認証の準備アセスメントは、重要な要素およびE/Eレベルの対策に焦点を当てています。その基準は以下に基づきます。

  • 規則の本文
  • タスクフォースの解釈文書
  • 2019年のWP.29テストフェーズから学んだ教訓
  • 安全な車両型式のエンジニアリングにおける10年以上にわたる経験

アセスメントでは、明確に定義された重要度インジケータを使用して、E/Eアーキテクチャの潜在的に重要な要素を特定します。これらの要素が、規則の附属書5に記載された脅威および適切なセキュリティ管理に適合しているか評価されます。ETASの準備報告書は、コンプライアンス、セキュリティ、財政的な実行可能性のバランスをとるために、経済面での考慮事項に特に焦点を当てています。

作業項目

  • ETASの専門家が、お客様の内部関係者とともに、対象となる車両型式、つまりそのE/Eアーキテクチャの技術的な分析を行います。
  • お客様のワークショップでは、ETASの指導のもとで、車両型式の要素、それらのサイバーセキュリティの重要性、および現在のセキュリティ管理についてWP.29のギャップ分析を行います。
  • その結果、準備アセスメント計算シートが完成します。これには車両型式認証の準備に関する初期の予算見積もりが含まれます。
  • ワークショップ後、ETASは、型式認証の準備を最適化できるように、E/Eレベルでの追加の推奨事項を含む準備レポートを作成して提供します。