XETK – XCP対応ECUインターフェース

ETKとXETKでは、ECUとPCアプリケーション間の接続のセットアップのしかたが異なります。ETK付きECUはプロトコル処理用のインターフェースモジュールを通じてPCに接続されます。一方、XETKはフル機能のEthernetインターフェースをオンボード搭載しているので、PCに直接接続できます。XETKではデータ転送にXCP-on-Ethernetプロトコルを使用するので、既存のツール環境への統合も容易です。

XETKでは一度に最大4個のXCP通信チャンネルを扱うことができます。これにより、PCベースの複数のアプリケーションソフトウェアからXETK付きECUへの同時アクセスが可能です。ネットワークモジュールを使用すれば、複数のXETKデータラインをホストコンピュータに接続できます。これは、複数のECUに分散しているシステムの適合や、複数のプロセッサを搭載しているECUにより実装されているシステムの適合を行う場合に興味深い方法です。このような場合には、各種ECUのXETKデータをハードウェアベースの時刻同期プロセスにより調整できます。

ETKに完全互換

ETKとXETKは、インターフェースと物理的寸法のどちらの面でもECUに完全に対応しています。どちらのインターフェースもINCA、INTECRIOおよびASCET開発ツールに等しくサポートされています。

XETKとETKのどちらを使う方法にも、コスト上のメリットがあります。XETKを搭載すればPCインターフェースモジュールについての支出は不要になります。また、ETKは最も経済的なECUインターフェースです。 

特長

  • ECUとPCを直接接続
  • オープンスタンダードベースのアーキテクチャ(Ethernet、XCP)
  • 最高のパフォーマンス – 10 µsという高速のラスタをサポート
  • 1つのECUに最大4つのアプリケーションソフトウェアから同時にアクセス可能
  • ETKと互換

XETK Products

アイテム XETKタイプ マイクロコントローラ・ファミリ

XETK-S4.2

シリアル XETK

Infineon TriCore

XETK-S20.1
XETK-S30.0
BR_XETK-S1
BR_XETK-S3

シリアル XETK

Infineon Aurix

XETK-T2.2

パラレル XETK

Infineon TriCore

XETK-V1.0

パラレル XETK

NXP1 MPC5500

XETK-V2.0

シリアル XETK

NXP1 MPC5600 & ST SPC56x

XETK-S21.0
XETK-S31.0
BR_XETK-S2

シリアル XETK

NXP1 MPC5700 & ST SPC57x

XETK-S22.0

シリアル XETK

Renesas RH850

BR_XETK-S4

シリアル XETK

STM Stellar

1 旧 Freescale