新しい機能の設計

高速制御機能に対応するETASソリューション

電気モーターの場合、発生するトルクは電流に直接追随するので、高速の制御機能が必要です。開発、プロトタイピング、機能検証の各工程において時間的挙動がますます重要になっています。

ラピッドプロトタイピング

ラピッドプロトタイピングの手法はサイクルタイムを200μsまで短縮できるので、CANベースのソリューションとは対照的に、電動機器の制御サイクルを高速化するための理想的ソリューションと言えます。

ソフトウェアエンジニアリング

ASCET ファミリは、自動車用組込みリアルタイム制御機能のモデリングツールとして開発されました。定義されているタスク実行時間の維持、冗長機能、バッテリマネジメント向けのステート指向プログラミング、機能安全規格ISO 26262など重要な開発規格のサポートなどにより、ASCETは、AUTOSAR等の先進的なオートモーティブソフトウェアアーキテクチャのデザインを可能にします。

機能検証

電気モーターはテストシステムに重要な課題を突きつけています。インバータ/モーター駆動の制御機能のパススルーは、燃焼エンジンの10倍も高いデューティサイクル内にあります。しかも、インバータ/モーター駆動のエレクトロダイナミックプロセスは非常に高速なため、ECUの制御機能とプラントシミュレーションの間のインターフェースを同期させる際、グリッド損失が発生しないようにしなければ、テストシステムは安定的に動作しません。そのためテストシステムには、わずか数マイクロ秒という高速のモデル計算時間が要求されます。テストシステムLABCAR ではマルチコアPC上に分散されているモデルの計算を行えるため、多くの機能を実現できます。

高速測定・適合のための革新的なソリューションが、INCA-MCEを使用した高速のダイレクトECUアクセスによって実現します。

適合

高速測定・適合のための革新的なソリューションが、INCA-MCE(Measurement and Calibration Embedded/Fast ECU Access)を使用した高速のダイレクトECUアクセスによって実現します。これにより、プロトタイピング・インターフェースモジュールES910経由でECUテストベンチと適合ツールを直接接続できるため、従来のASAP3インターフェース使用時に比べて、テストベンチ上での自動適合で最大400倍も高速の適合サイクルを実現できます。この高速化という強みにより、新しい動的適合手法の可能性をフルに引き出すことができ、適合時間の大幅な短縮が可能です。同時に、限界値超過時の反応も高速なので、HEVテストシステムの負荷も軽減されます。

新しい機能の設計 – 製品