ISOLAR-B

ETAS ISOLAR-Bは、ECUソフトウェアの生成・統合時にAUTOSAR準拠のベーシックソフトウェアの設定を行うツールです。

システム情報をデータ解析することで、システムの関連性を容易に識別して活用できるようになり、ベーシックソフトウェアの設定作業を高度に自動化することができます。情報を明確に視覚化し、高度に自動化し、検証を早期に行うことで、作業を容易にして生産性を高めることができます。ECUインテグレータの作業を加速すると同時にソフトウェアの品質を向上します。

データベースをISOLAR-Aと共有することで、転送エラーの発生やファイル交換時の速度低下を回避すると同時に、ラウンドトリップも大幅に改善できます。ISOLAR-AやRTA-BSWと併用することで、シームレスに統合されたAUTOSARソリューションを実現できます。このソリューションはすでに数々のプロジェクトで効果が実証されています。

システムエクステンションを使用すると、AUTOSARモデルをプロジェクトの要件に合わせて容易に拡張することができます。これにより、システムディスクリプションとベーシックソフトウェアコンフィギュレーションの間の隔たりを埋めることができます。メリット: システムディスクリプションに基づくベーシックソフトウェアの設定作業が広範に自動化できるので、手作業を大幅に削減することができます。

ISOLAR-BはEclipseプラットフォームを採用しているので、既存のEclipse開発環境と容易に統合することができます。

用途

  • AUTOSAR準拠ベーシックソフトウェアの設定、生成、統合

機能

  • AUTOSAR準拠ベーシックソフトウェア(例: ETAS RTA-BSWのV3.0またはそれ以降のバージョン)の設定、生成、統合

メリット

  • システムディスクリプションに基づくベーシックソフトウェアの設定作業を広範に自動化
  • 複雑なユースケースではユーザーの設定作業をガイド
  • コンフィギュレーションを簡単に更新するには、Diff(差分比較)/Merge(マージ)機能の漸進的なワークフローで対応
  • AUTOSARモデルを統合して利用することで、ベーシックソフトウェアの設定を簡素化
  • ComMチャンネルやイーサネットコンフィギュレーションだけでなく、COMスタックコンフィギュレーションも視覚的に表現(PDU/メッセージビュー)
  • AUTOSARの「リファイン(Refine)」、「分割(Splitable)」、「バリアントハンドリング(Variant Handling)」といった概念をサポート
  • ISOLAR-Aとシームレスに統合でき、作業プロセスの改善とラウンドトリップタイムを短縮