RTA ソフトウェア製品

ETASのRTA製品ファミリはECUソフトウェア開発用ベーシックソフトウェア(BSW)のモジュールとツールをそろえています。

RTA製品ファミリは以下の製品で構成されています。

RTA-OS: リアルタイムオペレーティングシステム(OS)

リアルタイムオペレーティングシステムRTA-OSは現在、自動車産業部門の多くの連続生産プロジェクトで使用されています。RTA-OSの特長は、ランタイムオーバーヘッドが極めて小さいこと、および包括的なコンフィギュレーションオプションが用意されていることです。

RTA-OSは以下の領域で使用されています。

  • ボディエレクトロニクス
  • シャーシコントロール
  • 運転支援システム
  • ハイブリッドカーおよび電気自動車
  • パワートレイン
  • 安全装置
  • トランスミッション

RTA-OSはAUTOSAR R4.0、R4.1、R4.2、R4.3の規格およびOSEK/VDX OS V2.2.3をサポートしていて、MISRA Cに準拠しています。前世代のETASのリアルタイムOS RTA-OSEKについて蓄積された経験に基づいて作られているうえ、ISO 26262認証を取得しているので、最も厳しい安全要求事項(ASIL-D)への対応が求められている諸機能にも使用できます。

RTA-RTE: AUTOSARランタイム環境ジェネレータ

RTA-RTEコンポーネント(AUTOSARランタイム環境ジェネレータ)は、幅広い種類のECUプラットフォームやコンフィギュレーション環境とともに使用でき、コンパイラにもターゲットにも依存しないAUTOSAR準拠のランタイム環境を生成します。RTA-RTEは 、AUTOSAR R4.0の仕様を包括的にサポートしており、計測適合を目的としたRTAの機能も含まれます。また、RTA-RTEはボディエレクトロニクス、シャーシコントロール、ハイブリッドカーや電気自動車、および運転支援システムにも使用されています。

RTA-BSW: AUTOSARベーシックソフトウェア(BSW)

RTA-BSWは、AUTOSARベーシックソフトウェアモジュールを提供します。これらのモジュールをRTA-OSおよびRTA-RTEと統合すれば、ECUアプリケーション開発用の完全なAUTOSARプラットフォームソフトウェアを構築できます。RTA-BSWはISO 26262のASIL-Dに対応する開発プロセスに従って開発されているので、安全性能を最も要求される(=セーフティクリティカルな)アプリケーションにも使用できます。

RTA-VRTE: ビークルコンピュータ向けのAUTOSARプラットフォームソフトウェアフレームワーク

マイクロプロセッサベースのビークルコンピュータの課題を克服するため、ETASはAUTOSAR準拠のRTA-VRTE(Vehicle Runtime Environment)を提供しています。Bosch Groupと共同で開発したこのベーシックソフトウェアフレームワークには、オペレーティングシステム、AUTOSAR準拠のベーシックソフトウェア、ハイパーバイザ、安全性およびセキュリティの要素が含まれています。