INTECRIO-IP – 統合プラットフォーム

ETAS INTECRIO-IP(統合プラットフォーム)はプロトタイピング用の統合プラットフォームです。広範囲のソース(例えば、ASCET、MATLAB®/Simulink®、CコードまたはAUTOSARソフトウェアコンポーネント)から得られたファンクションモデルやコードを容易に結合することができます。これにより、開発プロセスで作成されるすべての成果物を、早い段階から組み合わせてテストして検証することができます。INTECRIO-IPを使用することで、メーカー、ECUベンダー、エンジニアリングサービスプロバイダなどの開発パートナー同士がツールの違いを問わず協力しあえるようになります。さらに、このプラットフォームは、競合他社に秘密にしておきたいモデルコンポーネントを不正アクセスから保護することにも役立ちます。

INTECRIO-IP – プロトタイピング用統合プラットフォーム

フレキシブルなうえ将来にも対応

しかも、INTECRIO-IPを使用すると、プロトタイピングをユーザーのPC上で直接実行することもできます。これにより、最新のPCの処理能力とメモリ容量をプロトタイピングツールとして活用できます。既存のツールチェーンへの組み込み、自動化、および機能拡張のためのインターフェースとして、INTECRIO-IPは他のWindowsプログラムから自動制御用のスクリプティングインターフェースを提供します。

おなじみのETAS実験環境を対話型のグラフィックユーザーインターフェースとして使用すれば、すべてのETAS製品のモデル挙動について実行しながらでも分析することができます。パラメータや変数のシミュレーションは、ユーザー定義の信号カーブを使用して行うことができます。各種のグラフィックレイアウトオプションと効率的なスプレッドシートエディタにより、最適な分析表や資料を生成できます。

INTECRIO-IPは、ECUソフトウェア用ファンクションモデルのプロトタイピングを行うための優れた統合ツールの1つです。INTECRIO-IPを使用すれば開発のスピードも質も高まります。

お客様の要求に適応

専用のアドオンを使用すれば、INTECRIO-IP統合プロトタイピング環境でバーチャルプロトタイピング(INTECRIO-VP)からラピッドプロトタイピング(INTECRIO-RP)までの、プロトタイピングのあらゆる段階に対応できます。

メリット

  • プロトタイピング用の統合プラットフォーム
  • ASCETモデル、MATLAB®/Simulink®モデル、AUTOSARソフトウェアコンポーネント、およびCコードを統合
  • PC環境や実際の環境で自動車電子制御システムのプロトタイピングを実行
  • CAN、CAN FD、LIN、およびFlexRayをサポート
  • ETK、XETK、FETKおよびXCP経由のバイパスアプリケーション
  • ES900プロトタイピングハードウェアファミリによる実車テスト
  • Windows PC上でバーチャルプロトタイピングを実行
  • 自動化と顧客仕様への適応を可能にするオープンインターフェースを提供
  • ETAS実験環境による信号生成
  • INTECRIOで生成したすべてのプロトタイピングモデルをINCAで使用可能
  • 高性能な計測・適合・プロトタイピングモジュール、ES800製品ファミリにも対応