INTECRIO-RLINK – プロトタイピングブロッセット

INTECRIO-RLINK – 車載テストを迅速に、しかも容易に行うためのSimulink®ブロックセット

車載ECUのファンクションは、しばしばMATLAB®/ Simulink®でモデリングされます。 プロトタイピングメソッドを導入することで、制御ファンクション開発の効率、スピード、信頼性が向上します。

プロトタイピングを行うことで、エラーを開発プロセスの早い段階から識別して訂正できるようになり、ソフトウェア開発時の作業の繰り返しに時間と費用がかかる事態を大幅に回避できます。

ETAS INTECRIO-RLINKプロトタイピングブロックセット*を使用すると、Simulink®モデルを実車で容易に、しかも迅速にテストできます。ETASプロトタイピングハードウェアの設定はSimulink®環境で直接行うことができます。

INTECRIO-RLINKを使用すれば、実行可能なプロトタイプの生成に必要なすべてのステップをSimulink®で直接行うことができます。このプロトタイピングブロックセット*は、バイパスインターフェースやセンサ信号、アクチュエータ信号の定義など、さまざまなETASプロトタイピングターゲットの設定を完全にサポートしています。

メリット

  • Simulink®ファンクションモデルのラピッドプロトタイピングをETASツールにより実際の環境で実現
  • バイパステクノロジーを使用してファンクションプロトタイプを電子制御ユニット(ECU)に接続
  • ETAS INCAで車載の電子制御システム全体を検証
  • 高性能な計測・適合・プロトタイピングモジュール、ES800製品ファミリにも対応

* ブロックセットはSimulink®環境におけるアドオンの総称です。