複雑化に対処する

複雑なシステムに対処する

HEVの場合は特にシステム全体が複雑化の一途をたどっています。多くの機能がECUネットワーク全体に分散しているうえ、駆動系、伝送系、制動系の各コンポーネントを動作させる機能の数は増える一方です。競争上の優位に立つためには、このように複雑なシステムを自由に操ることがますます重要になってきます。ETASツールはこのようなニーズにお応えします。

INTECRIO
INTECRIOを使用すると、複数のソフトウェアコンポーネントを相互接続することができます。ハードウェアを使用しないで仮想環境で機能全体の妥当性を行うことができます。
高性能のモジュール型ラピッドプロトタイピングシステムES900を使用すると、実センサやECUネットワークを用いる有人テストを実験室や実車で行うことができます。

ETASは自動車制御分野のパートナーとして、世界のお客様に実績がある革新的な製品やサービスを提供しています。

ASCET
モデルおよびステートベースのソフトウェア開発からシミュレーション、量産用コードの自動生成に至る開発環境を提供するASCETファミリは、既存コンポーネントの再利用、リアルタイム挙動の定義、ISO 26262等の機能安全規格への対応や既存システムに構築するための支援などを通じて、HEV開発者をサポートします。

RTA, RTE
何百万ものアプリケーションで使用されているRTAオペレーティングシステムは、AUTOSARランタイム環境に準拠しています。HEV分野で求められる複雑なECUコーディングにおいても、ロバストな開発ソリューションを提供します。

LABCAR
Hardware-in-the-Loop(HiL)システム-LABCARは電動機器や燃料電池、バッテリマネジメント、ネットワークシステムの信号・電力レベルでのシミュレーションを行うようなアプリケーションに適しています。このPCベースのシミュレーションシステムの特長は高度なフレキシビリティ、パフォーマンスおよび信号品質です。将来に向けた拡張性にも優れており、個々の単体ECUからECUネットワーク全体のテストに至るまで、さまざまな用途に幅広く対応します。

ETKネットワークECU向けETKバイパスおよび時間同期の測定・適合ソリューション

INCA
機能が複数のECUに分散することにより、適合作業も複雑になります。統合型の測定・適合・診断ツールINCAファミリは多彩な機能を備えており、このような複雑さにも対処することができます。INCAを使用すれば、複数のECUに分散するさまざまな適合ラベルや車載バス通信データを1つの画面に表示して処理することが可能です。各種バスやプロトコルを使用するアクセスといった複数のECUに関する管理はINCAにより抽象化されるため、適合プロセスが合理化され、特にHEVの機能を扱う際は決定的なメリットが得られます。同じラベルを異なるECU上で同期させて測定・適合することも可能で、データのセキュリティを大幅に強化できます。

複雑化に対処する – 製品