MATLAB® および Simulink®

MATLAB® Simulink®ベースのツールに接続するための最適なインターフェースを提供

自動車業界において、MATLAB® Simulink®はプラントモデリングやタスク最適化のための電子制御機能開発にたびたび使用されています。その一方、エンジニアはすべての自動車ソフトウェア開発におけるドメイン特有のタスクを完了するためにETASツールを使っています。

両ツールの特長を最大限に生かすため、ETASでは多様なMATLAB® Simulink®インターフェースを幅広くご提供します。MATLAB® Simulink®とETASツールを使用し、お客様特有の開発のための最適なソリューションを見つけることができます。

ここでは、ETAS製品が提供するインターフェースの概要をご説明致します。

ETAS INCA-SIP はMATLAB®/Simulink®を使い、ランタイムでETAS INCA に接続

機能開発、計測、適合

ETAS INCA-SIP – Simulink® 統合パッケージ

ETAS INCA-SIP, INCA Simulink 統合パッケージはお客様の Simulinkモデルの計測、適合、データ記録用にSimulink機能開発者に効率的で自動車特有の環境を提供します。

INCAを使い、開発の期間、適合エンジニアの間で実験環境の設定やデータの記録が簡単に再利用することができます。シミュレーション中に, 仮想XCPプロトコルにより MATLAB®/Simulink®を使ってINCA-SIP はINCA に接続されます。

ETAS INCA-MIPで, MATLAB® はETAS INCAでの自動計測・適合用実行可能なスクリプトを使用することが可能

ETAS INCA-MIP – MATLAB® 統合パッケージ

エンジン制御機能の数学的最適化のためと計測・適合業務の自動化のために、MATLAB® はたびたび使用されます。

ETAS INCA-MIP はMATLAB® toolboxを使ったINCAコアシスシステムの各種基本機能へのアクセスを提供する INCAのアドオンソフトです。

ETAS INTECRIO-RLINK はSimulink®のみを使う機能開発者の必要性に合わせ調整される。INTECRIO-RLINKはINTECRIO統合プロトタイピング環境のETASプロトタイピングハードウェア用に全ての構成オプションを提供

ETAS INTECRIO-RLINK – プロトタイピングブロックセット

ETAS INTECRIO-RLINK プロトタイピングブロックセットは実環境でのSimulink® 制御モデルのラピッドプロトタイピングを可能にします。ETASプロトタイピング用ハードウェアES900ファミリをサポートしています。

制御プロトタイプはよく知られたバイパス技術を使い電子制御ユニット(ECU)に接続できます。この方法で、ユーザーはETAS INCAを使い自動車のSimulink®電子制御システムモデルを完全に検証できます。加えてWindows PCは非リアルタイムターゲットとして直接使用することができます。

ETAS INTECRIO-RLINK は、PC上でSimulink® ECU機能モデルの適合を行うことも可能にします。

これまでINCAアドオンのINCA-VLINKとしてご提供させていただいておりましたWindows用計測・適合ブロックセットが、INTECRIO-RLINKに統合されました。本ブロックセットは、標準Windows PC上で実行されるSimulink®モデルの適合と検証を可能にするものです。

プロックセットはワンクリックでSimulink®モデルからの仮想プロトタイプ生成用のビルド環境を提供します。記録された計測データは刺激機能として保存されます。生成後、実行可能プロトタイプは INCA ワークスペースの一部として簡単に割り当てられます。

ETAS INTECRIOは自動車電子システムのプロトタイピングが可能。同時に機能モデルとソフトウェアコンポーネント、ラピッドプロトタイピング用実験環境用統合プラットフォームを提供。

ETAS INTECRIO – 統合プロトタイピング環境

ETAS INTECRIO 統合プロトタイピング環境は実環境PC上で自動車電子システムのプロトタイピングを可能にします。MATLAB®/Simulink®モデル、ETAS ASCET モデル、Cコードモジュール、及びAUTOSARソフトウェアコンポーネントとの統合をサポートします。

自動車テスト用にETASプロトタイピングハードウェアES900 ファミリ がサポートし、異なる種類のバイパスセットも含まれています。INCA で生成されたプロトタイピングモデルと自動及びオーダーメイド用オープンインターフェースは自在でフレキシブルな自動車機能プロトタイピングが可能です。

ETAS EHOOKSはプロトタイピング、テスト、適合ツールでアクセスできるECUコードのバイパスフックを提供

ETAS EHOOKS – バイパスフック(スイッチングポイント)追加ツール

ETAS EHOOKS ECUソフトウェアにHEX、A2Lファイルへのアクセスだけで簡単にバイパスフックを追加できるツールです。他のECU情報は不要です。

含まれているSimulink®統合パッケージは Simulink®内からECU HEXファイルの構築と自動ビルドを可能にします。これは Simulink®モデルをオンターゲットバイパス実験用ECUソフトウェアに直接統合することを容易にします。 Simulink®から全工程をコントロールすることはユーザーに自然で直観的かつ効率的なワーキング環境を提供します。

ETAS ASCET-M2M model-to-model コンバータはSimulinkをASCETモデルに変換。ETAS ASCETでソフトウェア開発者は取り込んだ制御機能を洗練しECUコードを生成

ETAS ASCET – モデルベースソフトウェア開発

ETAS ASCET-MD (ETAS ASCET-M2M用ライセンス含む)はSimulink®とASCET-MD間の変換が可能なツールです。 これにより、ユーザーは各モデル言語のドメイン特有の優位点を活用でき、またSimulink® モデルをASCETベースのECU 開発ツールチェーンに統合できます。

ETAS ASCET-PSL はETAS アプリケーションエンジニアリングサービスにより提供されたソリューションです。ASCET-PSLでユーザーはASCETでの実行可能な制御機能を生成でき、それらをSimulink®モデルに統合できます。この方法により, ASCET モデルはSimulink®での評価, 例えばSimulink®で提供されたプラントモデルや、Simulink®とASCETで作られた同機能のモデルを並行して評価しその結果を比較することなどができます。

ETAS LABCAR-MCSで、ETAS LABCARのHiL環境へSimulinkモデルを統合するために要求されたモデル・インターフェース記述はモデル・ソース・コードから自動的に生成

ハードウェアインザループテスト (HiL)

ETAS LABCAR

ハードウェアインザループシミュレーションのために、ETAS LABCAR-MCS は自動車、ドライバー、環境の挙動を表示するETAS LABCAR でのSimulink®シミュレーションモデルの簡単な統合環境を提供します。Simulink® モデルは他の要因からのモデル、例えば ドメイン特有のシミュレーションツール などを組合せ一体化することができます。

高いシミュレーション性能はETAS LABCAR-RTPC ソフトウェアを使ったリアルタイムマルチコアPC上の複数モデルの並行的実行により成し遂げられます。

ETAS ASCMOは計測データと仮想計測をベースにした複雑なシステム挙動の精密な数学的モデルを提供。ETAS ASCMOは MATLAB®/Simulink®フォーマットにエクスポートすることが可能

データベースモデリング及び最適化

ETAS ASCMO – 複雑なシステム挙動の精密な予測

ユーザはETAS ASCMO によって非常に高いモデル品質のデータ駆動プラント・モデルを作成することができます。

ETAS ASCMOは、迅速かつ容易にモデル・パラメータ化なしで、非常に複雑な挙動システムのモデルを構築します。
その後、これらの精密なモデルは1回のマウス・クリックでSimulink®にエキスポートすることができます。それらはコード生成ツールSimulink CoderTM.とも使用することができます。ETAS ASCMOによるデータ駆動モデルで、シミュレーションの精度が格段に向上します。

MATLAB® および Simulink® – 製品