Safe4Rail – 安全で未来志向の鉄道アプリケーション

交通機関は、人々の日常生活を改善するだけでなく、経済成長、雇用創出、そして全体的な豊かさを実現する重要なインフラストラクチャです。

このため、ヨーロッパ鉄道イニシアチブShift2RailはSafe4Railプロジェクトを開始し、ソフトウェア規格を使用することで、安全性とセキュリティを大幅かつ迅速に進歩させています。さらに本イニシアチブは、新しい機能とテクノロジーの統合という目標も掲げています。このプロジェクトは、欧州の産業パートナーと研究機関のコンソーシアムが主導し、EUの資金で賄われています。

鉄道における次世代TCMSの高度な安全アーキテクチャとコンポーネント

プロジェクトパートナーとしてのETAS

「プロジェクトパートナーとして、ETASはソフトウェアの専門知識、AUTOSAR Adaptiveに関する知見、および安全性のコンサルティングを提供しています」と、ETASのSafe4RailプロジェクトマネージャーであるOliver Kust博士は述べています。

ETASは2021年6月までSafe4Rail-2に参加し、E/Eアーキテクチャとワイヤレス通信ネットワーキングの共通プラットフォームの開発をサポートしていました。改善の成果がみられた領域の1つに、列車の中枢および基幹として知られる列車統合管理システム(TCMS)があります。

この成果は現在、次世代ネットワークデバイスを提供するための後継プロジェクトSafe4Rail-3で使用されています。

Safe4Rail-3では、この技術をコラボレーションプロジェクトCONNECTA-3とともに、関連する実験シナリオと実際の列車ユニットに適用し、プロトタイプから、より高い技術成熟度レベルであるTRL 7に移行することを目標としています。

メリット

  • TCMSにSIL4機能を実装

  • 列車の制御と監視の機能に関連する列車の可用性の向上

  • プロジェクトのエンジニアリング、統合、承認におけるコストと労力の削減

  • 回線容量の増加

今後ETASは、アプリケーションレベルへの影響を分析し、安全な統合と検証のための方法を特定することを目的として、Function Distribution Framework(FDF)の安全性とセキュリティの調査を実施します。