SDV (ソフトウェアデファインドビークル) - ソフトウェア重視の自動車開発

ソフトウェアデファインドビークル時代の到来

近所の人があなたと同じ車を買ったらどう思いますか?– 気になりませんか?しかし、将来、車の外見は気にならなくなるでしょう。ソフトウェアデファインドビークル(SDV)の時代になれば、本当に重要なのは外見ではなく、「内面の価値」となるからです。ユーザーは車を購入後、いつでも個別のサービスや機能、アプリなどをカスタマイズすることができます。ユーザーが運転データをクラウドにアップロードすると、自動車メーカーはこのデータを使用して車両の機能やサービスをユーザーの運転スタイルやニーズに合わせて調整し、無線(Over-The-Air: OTA)アップデートを介して車両にフィードバックすることができます。アップデートサービスは、サブスクリプションまたは都度払いで提供されます。このように、さまざまな方法を通じて、ユーザーは車の価値を高めることができます。また、車両をソフトウェアベースで最新の状態にアップグレードできるので、車両を売却する際も価値が目減りすることはありません。

ビークルコンピュータプラットフォーム

最もすぐれたソフトウェアソリューションを車両に組み込めるようにするには、スマートフォンにおけるアプリストアと似た、オープンで規格に準拠したプラットフォームが必要となります。このプラットフォームの基礎となるのが、ゾーン指向が高まるE/Eアーキテクチャへのビークルコンピュータの統合です。安全性とセキュリティ要件については、既にAUTOSAR AdaptiveおよびAUTOSAR Classic規格によって、ソフトウェア開発の共通事項が定義されています。つまり、OEMメーカーであれ、Tier 1サプライヤー、ソフトウェアメーカー、あるいは革新的なスタートアップ企業であれ、各社が擁する最もクリエイティブな開発チームは、この共通基盤の基で新しいアプリや機能、サービスの開発を続けることによって、未来のコネクテッドカーの理想形を築くことができるのです。

新しいアジャイル開発アプローチ

車両をソフトウェアで定義するようになると、それに伴って開発プロセスも変化します。従来のソフトウェア設計のVモデルには、開発、妥当性確認、検証などのさまざまなフェーズが存在していましたが、アジャイル開発では各フェーズが統合されるとともに、クラウド化が進んでいきます。多様な企業や国境を越えた開発チームによる共同開発が行われ、継続的なDevOpsサイクルへの転換が進められている状況を目の当たりにすると、いかに激しく車載ソフトウェア部門が変化しているのかが分かります。今後は新しいビジネスモデルや共同開発の新形態、さらには業種を越えたパートナーシップによって、車両の購入者が車両の機能を自由に選択できる、まったく新しいエクスペリエンスを提供していくでしょう。ソフトウェア開発は、ネットワーク化されたアジャイルな手法で行われるようになります。そして、外部からの不正アクセスに対するセキュリティも常に維持される必要があります。

強力な製品ラインアップと支援体制:ETAS、ESCRYPT、BOSCH

ETASは、近年の変化が、テクノロジーばかりではなく、人々の思考形態や働き方も劇的に変化しつつあることを認識しています。ETASが提供する高度に統合されたソフトウェア開発ツールや、ESCRYPTが提供する洗練された自動車に特化したセキュリティインフラストラクチャとソフトウェアソリューション、さらには世界中に展開するBoschのテクノロジープラットフォームと14,000人以上のソフトウェアスペシャリストが、企業のソフトウェアデファインドビークル開発を総合的に支援します。ETASはソフトウェアデファインドビークルの開発にすぐに対応できるツールキットを擁し、自動車業界の各種パートナーやIT企業との間で新たな形の提携を確立しています。共同開発では、適切なテクノロジープラットフォーム上で実績あるツールを用いてスムーズな連携を行うことが非常に重要です。スマートフォンと同様、ソフトウェアデファインドビークルにはあらゆる複雑性が潜んでいますが、最終的にその複雑性は直感的で使いやすい開発者向けのユーザーインターフェースによって平易化され、ユーザー側では複雑さをまったく意識しないで使えるようにしなければなりません。車を所有し運転することは、出会った瞬間から簡単で楽しさを感じるものである必要があります。さらに、アップグレードやアップデートのたびに楽しさが増し、アプリをインストールするたびにその車両の価値が高まれば、ユーザーは積極的に車両をカスタマイズするようになるでしょう。将来的には車両がどのような機能を備えているか-内面の価値-が車の価値を決めるようになります。そして、高度な機能の実現を支えるのが、高度な開発ツールなのです。