FETK – 高速ECU インターフェース

FETK ECUインターフェースはきわめて強力なECUアクセスを提供します。ユーザーデータを高速で転送できるので、ECUの検証や適合を行うのにまさに好適最適です。また、FETKはリアルタイム挙動性能も優れているので、自動車電子システムの新機能のプロトタイピングにも理想的です。

適用性が2倍に

FETK ECUインターフェースのように高速転送と低遅延性の両方を組み合わせて実現できる製品は、市場でもきわめてまれな存在です。FETK搭載の開発用ECUへの投資は、プロトタイピング実験にも、また計測や適合にも実質2倍の投資効果が得られるため、FETK ECUインターフェースの導入は開発コストの節減に大いに役立ちます。

できるだけ多くのECUデータを同時に記録する必要のあるECUの検証や適合とは大きく異なり、高速制御のプロトタイピングではできるだけ低遅延の処理が求められます。多くの場合、機能はETAS ASCETやMATLAB®/Simulink® を使用してモデルベースで開発されてから、特別なプロトタイピングハードウェア上に実装されてECUとリアルタイムに通信を行います。128バイト長の信号をFETK ECUインターフェースとプロトタイピングハードウェアの間でやりとりする場合の通信遅延は、1サイクルにつき250µs未満です。

ECUのフラッシュメモリへの書き込みも、FETKインターフェース経由で行えばデバッガによる書き込みと同じくらい高速で、しかも安全に行えます。

CANなどのシリアルインターフェースを使用する場合とは異なり、ECUによるFETKインターフェース操作には計算能力はほとんど必要ありません。FETKの電源は独立しているので、たとえばコールドスタートテストのようなテストをECUの動作状態とは無関係に実施することができます。

万能で、基準にも適合していて安心

この新しいFETK ECUインターフェースは、インターフェースに異なる機能を要求するさまざまなアプリケーションのために、採算のとれる形で広く一般に導入することができます。ユーザーの視点から見ると、FETKは使い勝手も非常に優れています。Gigabit Ethernetインターフェースは一般性があり、ECUの特定のマイクロコントローラへの特異的な接続を抽象化することができます。ES89x ECU/バスインターフェースモジュールを使用すれば、アプリケーションは標準化されたXCP-on-Ethernet プロトコルでホストデバイスからFETKインターフェース搭載ECUにアクセスできます。

利点

  • 最大20MB/sという高いデータ転送速度(マイクロコントローラインターフェースにより異なります)
  • ES89x ECU/バスインターフェースモジュール経由でFETK搭載ECUにXCP-on-Ethernetでアクセス
  • 最良のリアルタイム挙動: 10µs以下の制御サイクルをサポート
  • プロトタイピングアプリケーションで遅延時間が250µs未満という低遅延性を実現
  • 1個のECUに最大4個のアプリケーションから同時にアクセス可能
  • ETK-S20.1ETK-S21.1に準拠

FETKにはFETK-S(左)とFETK-T(右)という2つのバージョンがあります。

どちらのバージョンでも、制御システムへのアクセスにはJTAG、DAP、またはLFASTなどといったマイクロコントローラ固有プロダクションデバイス(µC-PD)デバッグインターフェースを使用します。

さらに、FETK-Tバージョンは特に高性能なマイクロコントローラエミュレーションデバイス(µC-ED)トレースインターフェースを、シリアルAuroraインターフェースによるECUからの高性能トレースデータ転送と一緒にサポートしています。

対応するマイクロコントローラ

製品 FETK タイプ マイクロコントローラファミリ

FETK-T1.1

シリアル FETK

Infineon Aurix

FETK-S1.1

シリアル FETK

Infineon Aurix

FETK-S2.1

シリアル FETK

NXP* MPC5700 & ST SPC57x
(* 旧Freescale)

FETK-T3.0

シリアル FETK

Renesas RH850