ファジングサービス

ESCRYPTの自動車サイバーセキュリティソリューションは、2023年1月よりETASブランドに統合されます。

続きを読む

「リリース前およびその後のソフトウェアのバグを減少させるには?」

「組み込みシステムのどこに無防備な脆弱性があるのですか?」

「不安定で不確実な動作やクラッシュに対処する方法は?」

組み込みシステムに潜むセキュリティリスクの発見

ソフトウェアおよびシステムの堅牢性をチェックするための強力なテスト技法がファジングです。この技法では、ランダムに生成された無効または予期せぬ入力に対してターゲットシステムがどのように応答するかをテストします。

ETASが誇るセキュリティテストのエキスパートは、組み込みシステムのファジングについて熟知しています。これまで企業の数多くのプロジェクトに参画し、脆弱性および実装エラー(安全関連ECUの突然のクラッシュなど)の発見に貢献しました。

自動車セキュリティテストのエキスパート

  • OEM固有のプロトコル(UDS、J1939など)を対象とした市販および社内開発のファジングツール
  • 研究開発および特許取得
  • システムレベルおよびソフトウェアインザループ(SiL)でのファジングサポート
  • 複数レイヤー(プロトコル固有、アンペア、パワーサイクル、カメラ検出など)でのECU応答モニタリング
  • すべての大手OEMのファジング要件に対応した当社のテストポートフォリオ

高速、詳細で信頼性の高いテスト結果

調査結果の事前通知と要約を含む包括的なレポート、実施されたテスト、重大度評価を含む調査結果のリスト、および推奨される対抗策

関連するすべてのプロトコルおよびアプリケーションのサポート

ETASのファジングサービスは、CANプロトコルやイーサネットプロトコル(TCP、TLSなど)、車載ECUプロトコル(WIFI、BT、USBなど)、その他多数のプロトコルに対応しています。

40以上のプロトコルを網羅した全リストをご希望の際は、当社にお問い合わせください。