コラボレーションと生産性

コラボレーションと生産性 ― AUTOSARオーサリングツールの主な特長

ISOLAR-Aの使いやすいインターフェース。この例は、ソフトウェアコンポーネントからECUへのマッピングを示しています。

アプリケーションソフトウェアの開発者は、AUTOSAR準拠システムの設計時に、さまざまなエディタ、自動機能、スクリプトを活用できます。

ETAS ISOLAR-Aのエディタは、AUTOSARの「バリアントハンドリング(Variant Handling)」や「分割(Splitable)」の概念だけでなく、AUTOSARのシステムやソフトウェアの生成に必要な標準的な作業プロセスをサポートしています。

ISOLAR-Aの自動機能は、以下のような多くの作業プロセスに対応して、生産性を向上し手作業によるエラーを回避できます。

  • ソフトウェアアーティファクトの生成、レガシーフォーマット(DBC、FIBEX、LDF、ODX)のインポート、任意のAUTOSARファイル(System Extract、ECU Extract、Diagnostic Extractなど)のインポート、差分比較/マージ、および評価
  • AUTOSARシステムおよびアプリケーションソフトウェアの統合
  • シングルコアECU用とマルチコアECU用のSystem ExtractおよびECU Extractの生成
  • RTEの設定

さらに、開発者はスクリプトを用いてAUTOSARデータモデルにアクセスし、それを修正することができます。この機能は、修正(リファクタリング)、繰り返し操作、およびお客様固有の操作をする際に便利です。

また、信号データのマッピング、評価、ECU Extractの生成など、さらに多くの機能をコマンドラインから実行できます。

ISOLAR-A ECU EXTRACTを使用すると、ECU Extractの生成をコマンドラインから実行できるソフトウェア製品を利用できるようになります。

表形式のコンポーネントエディタでは、Variation pointsやSplitable Elementの設定や、自動接続をサポートしています。

ISOLAR-AのBCTアドオン(ベーシックソフトウェア設定ツール)は、AUTOSAR準拠のベーシックソフトウェアにECUの設定を容易にすることができます。

BCTアドオンは、コンフィギュアビリティと拡張性に優れているので、状況に合わせて柔軟に対応します。また、BCTを使用すると、(ETAS RTA-BSW V2.0などに基づいて)ベーシックソフトウェアコードを生成するだけでなく、ネットワーク記述のインポート、設定作業の自動化、レポートや顧客資料の生成などの機能を通じて、ベーシックソフトウェアコンフィギュレーションの生成をカスタマイズすることもできます。

システムエディタでは、ネットワーク、フレーム、プロトコルデータユニット(PDU)、信号などのコンフィギュレーションを行うことができます。

ベーシックソフトウェアの設定に使用できるエディタも付属されています。繰り返しの作業プロセスには、統合されている更新およびマージ機能を活用すると便利です。使用するベーシックソフトウェアに応じて、COMスタックや診断モジュールの設定などの機能をサポートする、さらに抽象的なエディタも使用できます。ECU設定作業や、自動検証、データロギングなどのタスクはコマンドラインからも実行できます。