LABCAR-MODEL-BAT

長距離走行に対応することは電気自動車を成功させる決め手であり、自動車のバッテリ管理システム(BMS)はその航続距離のために決定的に重要な存在です。ただし、1回の充電でできるだけ長い距離を走行できるようにすることだけがBMSの役割というわけではありません。BMSは、リチウムイオンバッテリの寿命にも影響を与えるので、電気自動車のコストパフォーマンスを高める大きな要因と言えます。

バッテリ管理システムのテスト

LABCAR-MODELポートフォリオは、内燃機関、車両駆動用リチウムイオンバッテリ、電気モーター、燃料電池、車両ダイナミクス、および車両・ドライバー・走行環境のシミュレーションモデルで構成されています。

これほど重要であるにもかかわらず、実際にバッテリを使用してテストを実施することがいつでも可能なわけではなく、また常に最良の選択というわけでもありません。バッテリの温度挙動、充電と放電、劣化などといった事象はゆっくりと発生して進展するため、バッテリをテスト用に調整するのには非常に長い時間がかかります。そのうえ、バッテリは劣化したり製品ごとに差異があったりするため、実際のバッテリパックを使用するテストに再現性を持たせることは非常に困難です。また、実際のテストでは、バッテリ管理システム(BMS)が不調になるとセーフティクリティカルな状況に陥る可能性があります。それとは対照的に、ハードウェアインザループ(HiL)システムとそれに対応するモデルを使用すれば、たとえ限界範囲内であっても、安全で再現性のあるテストが可能になります。

ETASのLABCAR-MODEL-BATモデルはリチウムイオンバッテリの挙動をシミュレートします。これを使用すると、たとえセーフティクリティカルな動作状態であっても、バッテリ管理ECUをHiLシステムで包括的にテストでき、制御機能の最初のプレキャリブレーションを行うことができます。

典型的な使用事例

  • バッテリ管理システム(BMS)のテストとプレキャリブレーションをBMSコントローラソフトウェアまたはセル監視回路(CSC)のレベルで実行
  • 過熱、過充電、各種電気故障などクリティカルなバッテリ状態をテスト
  • ECUのアクティブバランシングや充電状態(SoC)推定などの機能 をテスト

利点

  • SoC推定、パッシブバランシング、アクティブバランシングなどの機能を確実にテストするために必要な、すべての物理的主効果をリアルにシミュレート
  • 実行時間、精度、およびパラメータ化の時間/コストとの関係にバランスがとれたモデル
  • 十分に試行された堅牢なモデル
  • LABCAR-MODEL製品ファミリのすべてのETASシミュレーションモデルと結合可能
  • 実際のバッテリから得られた既存の計測データを使用してモデルパラメータを自動設定