詳細

Integration platform

LABCARシステムの構成要素

Integration Platformは、ECUテストの準備段階でHiLシステムの設定時に使用されるユーザーインターフェースです。このインターフェースを使用すれば、環境モデルの統合、LABCARハードウェアの設定、モデルとハードウェアの間の信号経路の作成、およびLABCARシミュレーションターゲットの LABCAR-RTPC のコードの生成を容易に行うことができます。さらにETAS LABCAR-OPERATORには、MATLAB®/Simulink®、ASCETプロジェクト、およびCコードモデルのインポートを行うための十分に試行されたオプションも備わっており、個々のケースに応じて使いやすいウィザードがユーザーをサポートします。Simulink®のモデルだけでなく、他のツール(AMESimやGTpowerなど)で作成されたモデルや他社製のモデル(TESIS DYNAwareなど)も統合することができます。

LABCAR-OPERATORに備わっているConnection Managerの機能により、モデルとハードウェアの間の信号接続を簡単に確立することができます。また、汎用的な信号変換ブロックを挿入することもできるので、たとえば特性カーブを利用してセンサ効果のモデリングを行うことも可能です。もちろん、CANやLINのレジデュアルバスシミュレーションのフレキシブルで高性能な構成にもアクセスできます。

モデルとハードウェアコンフィギュレーションは厳密に切り分けられるので、プロジェクト間での非常に高い再利用性が約束されます。

Experiment environment

ベーシックソフトウェアLABCAR-OPERATORと実験実行用アドオン

Experiment Environmentはテストを実行するためのユーザーインターフェースを提供します。このインターフェースを通じて、実験画面の設定、統合パラメータとデータの管理、コードのダウンロード、実験の実行、リアルタイムな信号生成と計測データの記録、および信号の管理を行うことができます。また、LABCAR-AUTOMATIONを併用すれば、テスト自動化のためのインターフェースにもなります。さらに、計測・適合システムのINCAからECU変数に直接アクセスして、モデリングパラメータと同期的に記録できるのも、LABCAR-OPERATORの強みです。

LABCAR-OPERATORの操作コンセプトは、先進的で一貫性があり、そして人間工学的に設計されています。ここで特に重視されているのは個々のユーザーに適応できることです。このため、ユーザーは実験環境を各自の要請に応じて容易に調整でき、結果的に作業効率を高めることができます。さらに、「Compact Value List」や「Full Screen View」などの表示画面を利用すれば、実験情報をわかりやすく整理して表示できます。

表示画面「Signal List」を利用すれば、任意の時点で信号フローを中断し、定数または生成された信号波形を使用してモデル信号を置き換えたり、モデル信号に他のデータを重ね合わせたりできます。このようにして、故障事象や信号ノイズのシミュレーションを容易に行うことができます。

開発ライフサイクルの一環としてのLABCAR

LABCAR-OPERATORは、MiL / SiL / HiLアプリケーションである「LABCAR」・ラピッドプロトタイピング環境「INTECRIO」・ECUバーチャルプラットフォーム「ISOLAR-EVE」の共通実験環境を包含しています。これにより、開発ライフサイクル全体を通じてECUの諸機能を一貫して確実に検証するための基本的な構成要素となります。さらに、XCP-on-Ethernetを介するリアルタイム対応のXETK ECUインターフェースにもなります。

モジュール構造

ベーシックソフトウェアLABCAR-OPERATORとHiLシステム設定用アドオン

LABCAR-OPERATORはベーシックソフトウェアと数々のアドオンで構成されます。そのため、実際に使用するファンクションだけを購入することが可能です。ただし、どのモジュールを組み込む場合でも、ベーシックソフトウェアLABCAR-OPERATORとLABCAR-RTCは必須となります。

  • LABCAR-OPERATOR
    ベーシックソフトウェア。Integration platformとExperiment Environmentが含まれています。
  • LABCAR-RTC(Real-Time Execution Connector)
    リアルタイム実験のセットアップ、設定、および実行
  • LABCAR-MCA(Modeling Connector for ASCET)
    LABCAR上でシミュレーションを行うためのASCETプロジェクトの統合
  • LABCAR-MCS(Modeling Connector for Simulink)
    MATLAB®/Simulink®モデルの統合
  • LABCAR-NIC(Network Integration CAN)
    メッセージと信号の操作に加え、CANモニタリングを行いながらCANバスシミュレーションを行える便利なツール
  • LABCAR-NIL(Network Integration LIN)
    メッセージと信号の操作に加え、LINモニタリングを行いながらLINバスシミュレーションを行える便利なツール
  • LABCAR-NIF(Network Integration FlexRay)
    メッセージと信号の操作を行いながらFlexRayバスシミュレーションを行えるツール
  • LABCAR-CCI(Calibration Connector for INCA)
    計測・適合システム INCAに接続するためのインターフェース
  • LABCAR-LCX(LABCAR Integration XCP)
    シミュレーションターゲット(RTPC)とXETK搭載ECUがData Transfer Object(データ転送オブジェクト)のデータ交換をリアルタイムに行うためのXCPoE インターフェース
  • LABCAR-LCE(LABCAR Integration ETK)
    シミュレーションターゲット(RTPC)と(X)ETK搭載ECUがData Transfer Object(データ転送オブジェクト)のデータ交換をリアルタイムに行うためのETKインターフェース

特徴

  • 統合プラットフォームと実験環境というユーザー本位の切り分けにより、平易で効率的な操作を実現
  • 先進的で一貫性があり、人間工学的に設計された操作コンセプトで、個別に設定可能な実験環境
    • 便利で調整可能な検索オプションにより、統一性のあるエレメントツリーを容易にナビゲート
    • 表示レイヤにより、実験ビューを迅速に切替え可能
    • 「ユーザー定義ラベル」や計測プロパティなどの多くの設定オプションにより、個々の使用事例に最適に適応
    • フレキシブルに適応可能な新設計の自動車インストゥルメントとライブラリ
    • プロセッサへの負荷が極めて低い専門的なリアルタイムオシロスコープを用いる、幅広い分析オプション
  • MATLAB®/Simulink®、ASCET、またはCコードをベースとする多様な環境モデルやモデリングツールを容易に統合可能。LABCAR-OPERATORの実験の実行にモデル設計ツールのライセンスは不要
  • ハードウェアとモデルの接続は容易で明快
  • メッセージと信号の操作、およびCANモニタリングによる便利なCAN/CAN FD(ISOモード)バスシミュレーション
  • LIN 2.0およびLIN 2.1のメッセージと信号の操作による便利なLINバスシミュレーション
  • HiLシステムは多様なECUバリアントに即座に適応可能
  • 多くの計測・適合ツールとその記録を容易に統合可能
  • 自動テスト用のオープンインターフェース
  • LABCAR-OPERATOR とINTECRIO に共通の実験環境を使用できるので、バーチャルプロトタイピングからHiLテストに至るまで実験やテストの再利用が可能
  • 高性能のFlexRayインターフェース
  • XCPoEインターフェースにより XCPoE搭載ECUの接続が可能
  • ETKインターフェースにより(X)ETK搭載ECUの接続が可能