ODX-LINK – Diagnostics Integration Package

ODX-LINKは、一般に必要とされる診断作業のための一連のGUIを提供します。例えばECU識別情報の読取り(ECU-ID GUI)や、診断トラブルコード(DTC GUI)に割当てた静止画データといったフォルトメモリの内容の読取り/消去などです。これらのデータはすべて、スナップショット機能で容易にXMLファイルに文書化可能です。

INCAによる実車診断

ODX-LINKは、ETASが測定・適合用に提供している既存のハードウェアをサポートしています。このため、ECUにアクセスして測定・適合・診断を行う場合、一つのユーザーインターフェースでそれらを実施できるほか、INCA 内のハードウェアインターフェースも、一種類ですべての作業をカバーすることができます。

主な機能

  • INCA上でのODXベースによるECU診断の適合および総合評価
  • フォルトメモリの読取り/消去が容易な操作で可能
  • 診断イベントによるデータロギングの開始が可能
  • 16進形式や物理値形式でのECUメモリダンプ
  • グラフィカルなUIを用いた診断サービスシーケンス自動化機能による時間の節約
  • 共通のECU/バスインターフェースハードウェアで、測定・適合・診断の全作業に対処
  • あらゆるECUから物理値として診断データへアクセス可能で、きわめてフレキシブル
  • 事前に設定済みのODXファイルによりOBDII-on-CANをサポート、難しい設定の必要は一切不要
  • 診断データのスナップショット機能・文書化(XML、ASCII、MDF)
  • ODX 2.0.1ファイルと、SoftingのDTS7-Venice V7.62.xxのバイナリ診断データベース形式をサポート