SCODE ソフトウェア製品

SCODE(System CO-DEsign)製品ファミリのメソッドとソフトウェアを使用すれば、エンジニア、制御システム技術者、およびソフトウェア開発者は、自動検証が可能なECUソフトウェア向けの、構造化されていてわかりやすいモデルベースソリューションを作成することができます。

SCODE – 複雑な閉ループ制御システムを記述して可視化するためのソフトウェア

SCODE-ANALYZERとSCODE-CONGRAは、ECUソフトウェアの開発初期に役立つ製品です。コードがまだ1行も書かれていないうちでも、記述された閉ループ制御システムが完全で、決定論的であり、予測可能であるかどうかを調べることができます。このように早期に形式的検証を行えるので、後の開発工程でも、たとえばよりテスト工数を削減するとか、パラメータの値を事前に高精度に適合できるといった、SCODE製品のメリットを享受することができます。

SCODE製品を使用すれば、情報を多くの方法で表示することができます。その結果、他のプロジェクトメンバ(他部署や意思決定者など)が自分たちの要求を反映し、自分たちの要求に合った形で情報を示すことができるので、ヘテロジニアスなチームの間でも、的確な情報交換を容易に行うことができます。Eclipseに統合した事により、SCODE-ANALYZERやSCODE-CONGRAの製品を既存の開発環境にシームレスに組み込むことができます。また、SCODE製品はMATLAB®/Simulink® に統合して使用することもできます。

機能

  • 閉ループ制御システム内の状態や遷移の関係性を解明
  • 閉ループ制御システムの完全性、一貫性、予測可能性を自動で確認
  • システム内の誤りや弱点を特定
  • 事前適合向けに感度を分析

特長

  • 複雑な数学的関係を容易に可視化、文書化
  • 複雑性を大幅に低減
  • 閉ループ制御システムの完全性、一貫性、予測可能性を自動で確認
  • 既存のEclipseベースの開発環境への統合もMATLAB®/Simulink®との統合も簡単
  • テストと適合にかかる時間と費用を低減